龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
2006.12.31 Sun
 
            ryunohanasimiyazawakenzi


 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「竜のはなし」

 作者:宮沢賢治
 画 :戸田幸四郎

 出版:戸田デザイン研究所
 ISBN:4-924710-15-6

 価格:1600円+税
 第1刷:1983年12月 第20刷:2006年7月

 ・毎日新聞:《忘れられた精神教える》 今こそ強さの裏付けのある「やさしい心」を子供たちに伝えたいとの願いから、描かれている。…… ファンタジックな、童話らしさは、むしろ避け、土くさいとも云える大胆な色彩と筆に徹した。(一部抜粋)

 ・読売新聞:《現代に欠ける、優しさを訴える》 重厚な油絵を添え……その象徴的な十一場面は、賢治の仏教思想を、伝えようとする仏画の趣ももつ…… 巻末に花岡大学が解説し、賢治童話の中の「つよいやさしさ」の精神を現代の子育てに訴えている。(一部抜粋)

 ・山陽新聞:自分だけよければいい、よいう風潮が広がり、形だけのやさしさが横行していますが、この本は、本当のやさしさ、思いやりを教えてくれます(一部抜粋)

 ・週刊新潮:賢治の思想のエッセンスとも云えるストーリー。素晴らしい絵によって子供たちを、みごとに賢治の世界に導いていく。(一部抜粋)

 ・日刊ゲンダイ:この絵本のテーマについて、母と子が、本気で語り合うことを望む。(一部抜粋)



 「このはなしはおとぎばなしではありません。 賢治」…という印象的な書き出しから始まる、宮沢賢治作の絵本です。

 物語はかなりシンプルで解かりやすいものです。そのぶん、内容もストレートにぶつかってきます。

 それに追い討ちをかける油絵。生々しい赤を使った画などは印象に残ります。

 怖ろしい竜が、改心してからの話。本当の優しさというもの、そしてそれは生易しいものではない事を語っています。そして、それから得る事も描かれています。

 伝えたい事は全て巻末の花岡大学による『「賢治童話」の「やさしい心」』という解説に書かれています。

 この解説を読んでいただければわかりますが、この話は是非子供のいる親に読んでもらいたいものです。

 正直、ここで語られる「やさしい心」は、全く綺麗なものではありません。そして、このことについて共感できるかと言えば、私は答える事ができません。この優しさを実行する事は私には出来ない気がします。そして実行できる人がこの世界でどれほど居るのかさえわかりません。本当に、生易しい心では出来ない「やさしい心」を要求されています。しかし、この要求が間違っているのか、と問われれば、全くそうではありません。現代に欠けていると言えば最もな話なのです。だからこそ、考えてもらいたい。そして、話し合ってもらいたいと望んでいるのでしょう。これはとても難しい問題です。簡単に答えを出す事は出来ません。でも考えていかなければならない問題です。

 物語を子供に、解説を親に送る絵本です。

 幾年を越えても伝え、考えるべき本です。是非ご一読を。




――――――――――――――――――――――――――――




 今年最後の記事はこの「竜のはなし」にする事にしました。

 これは次の年にも伝えたい本です。


 2006年ももう終わりです。ここのブログを開いてから約10ヶ月ですが、計3万回以上ものヒット数を記録しました。これは皆様のお陰です。今年は本当に有難うございました。

 2007年も、龍・ドラゴン好きの皆さんに良い本を紹介できればと思います。これからも宜しくお願いします。

 後程、別館の方にも挨拶文を書かせていただきます。
mizchi
宮沢賢治のこの本、知りませんでした。;;
是非に機会を見つけて読んでみたいですね。
今年はラスクさんとネット上ですがお会いできて
色々な龍の本と出会う事ができました。
ラスクさん、ありがとう!
よいお年をお迎えください♪
そして来年もよろしくですw
(初詣でたくさん龍関係の神社に参拝してくる予定ですww)
2006.12.31 Sun 07:08 URL [ Edit ]
ラスク
機会がありましたらぜひ読んでみてくださいね!

本当に昨年は色々とお世話になりました。
今年も沢山の龍のお話ができたらいいなと思います。
今年も一年よろしくお願いします☆
初詣、北海道はあまり有名な神社はありませんからね(苦笑)でもとりあえず、私は諏訪神社に御参りしてきました♪
2007.01.05 Fri 13:43 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/108-ad1f9ae4
Template by まるぼろらいと