龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
2007.01.31 Wed
 
            竜の子ラッキーと音楽師実版


 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「竜の子ラッキーと音楽師」

 文:ローズマリ・サトクリフ
 絵:エマ・チチェスター=クラーク
 訳:猪熊葉子

 出版:岩波書店
 ISBN-10:4-00-110622-1

 価格:(当時)本体1748円、定価1800円
 購入価格:(古本・カバーなし第2刷)9500円
 第1刷:1994年11月7日 第2刷:1996年5月28日

 「音楽師は、生まれたばかりの竜の子を見つけ、一緒に旅をすることにしました。音楽に合わせて楽しそうに踊る竜の子は人気ものに。ところがある日、竜の子は盗まれて……中世の世界を美しく描く珍しい絵本。」(Amazon.co.jp引用)

 「よく晴れた春のある日、旅の音楽師が海辺を歩いていると、卵が落ちていました。それは竜の子の卵でした…。旅の音楽師と竜の子ラッキーの心温まる友情を、中世のイギリスを背景に描いた童話絵本。」(Amazon.co.jp引用)


 冊数の少ない絵本です。

 もともとの版数がどれほどだったのかはわかりませんが、古本の流通数が極めて低い絵本の1つです。

 2007.01.31現在、Amazon.co.jpにて1冊のみ、1万円で出品されています。

 私はもう少し安く、9500円で入手しました。


 歴史小説で有名なサトクリフですが、晩年の作品はこのような絵本もいくつか残っているそうです。その一つがこの『竜の子ラッキーと音楽師』。

 サトクリフの作品としては、以前 『ベーオウルフ ~妖怪と竜と英雄の物語~』 を紹介しました。

 この作品は、音楽師と竜の愛情を描いています。この作品の中では、竜はふつう、母親から(本書P11)「人間はみんな危険なものだ、なかでも白い馬にのった騎士がいちばん危険な種類なのだ」と教えられています。ところが竜の子ラッキーは生まれた瞬間から音楽師が育てていたので、人間に対する警戒心がありません。

 ある時、悪い商人の悪巧みによってラッキーはさらわれてしまいます。そして、音楽師はラッキーを探す旅へと出ます。

 物語りもさることながら、絵が素晴らしいです。柔らかい、でもしっかりとした絵は何度見返しても飽きないものです。

 文章は、絵本の割には多いです。少し高年齢向けの絵本でしょう。

 この絵本に感心できるところはもう1つあります。先ほど引用した人間に対する認識もそうですが、他にも、(本書P6)「騎士は、竜に出合ったら、とにかく退治するのが、騎士のつとめだと信じこんでいました。」と言う文章があったりと、中世のステレオタイプを上手い事引き出し、現代向けに滑稽に書いています。

 ともかく、竜好きな方にはたまらない内容となっているかと思います。

 絶版、かつ古本も見つかりにくいので、見つけたら買いです!…1万円出してもいいのなら早い者勝ちですよ。私なら買いますよ。買いましたから(笑)

 図書館などにあるのなら、一度読んでみてください。素晴らしい作品です。



 私信になりますが、代理購入受けてくださって本当に有難うございました。


 別館にも何度か書いていますが、テストのため更新止めてます。完全復帰は2/16前後になりそうです。

 演奏会宣伝も書いてあるので、お時間ありましたら別館をご覧ください。別館へは本ページ右側「LINKS」内の一番上にあります。
 購入、大英断でしたね。値段相応に満足されているでしょうか。ちょっぴり絵が見てみたいですが、載せてしまうと版権侵害。うーん。気になります。
 私もドラゴン関係?集めていますが、ずーーーーっと前に廃刊雑誌「コンプティーク」に載っていたドラゴンマンガ・前編後編を求めています。ですがコンプティーク事態存在していない! どうして当時購入しておかなかったのかと後悔しています。
 迷ったら、とりあえず買って後悔ですね。その方が気は晴れます。
2007.02.02 Fri 21:46 URL [ Edit ]
アスカ
すごい絵のタッチが柔らかくて綺麗!
いいなー、見てみたい!内容も気になる~。
どッ、どこかにないかな‥。図書館とかで見掛けたら絶対見ることにします!
わー、ホントいいなー。綺麗!
2007.02.03 Sat 08:19 URL [ Edit ]
いお
こんにちは。しばらく某ブログを雲隠れしていた私に、温かいお言葉をありがとうございました。
おかげさまで完全復活です!(笑)

サトクリフといえば、私が傾倒している某作家さんの「人生の1冊」です。
でも私自身は読んだことが無いのですー。
絵本なら、読めそうだけど・・図書館に無いかしら。
探してみます。
最近は図書館の蔵書も家からチェックできるようになり、便利な世の中だと思います。貸し出し中の本もちゃんとわかるみたいだし。
まるでSFですー(笑)。
2007.02.08 Thu 10:24 URL [ Edit ]
 味方でもあり敵でもあります。絶版本や入手困難な本の貸し出しならありがたいのですが、新刊本を貸し出しされてしまうと、売り上げが!
 でも図書館は最低1冊は買ってくれるお客様(全国に何千とありますから)。ライターとしては複雑な心境です。はい。
 しかし絵、タッチがいいですね。ラスクさんの奮発がわかるような気がします。
2007.02.09 Fri 00:24 URL [ Edit ]
ラスク
前からどうしても欲しかった本だったので、大満足です。本当にありがとうございました。
個人的に音楽が好きなので、竜と音楽師という組み合わせにものすごく興味があったんです。
本当に、とりあえず買っておいたほうが後悔は小さいものですね。しかし世の中には本当に絶版本が多いですね…
米村さんがお探しの本も、いつか見つかることを願っています。
2007.02.15 Thu 15:01 URL [ Edit ]
ラスク
本当に絵がきれいなんですよ~!!
札幌にはどこかの図書館にあるのかな…
見つかるといいですね☆きっと開放していない学校とかの図書館なんかには絶版本も多くあるんだろうなぁ…と考えてみたり。
開放図書して欲しいです!
2007.02.15 Thu 15:05 URL [ Edit ]
ラスク
遅くなりましたが、完全復活おめでとうございます☆
これからもよろしくお願いしますね!

最近は本当に便利になりましたね。私自身、本を買う際に地元になくてもPCですぐに取り寄せられるというのは非常に助かっております。
図書館の本も、すぐに検索できて、しかも全国版!本当に、世の中便利になりましたね。
しかし、書店に足を運ぶのはやめれられません(笑)特にネット対応していない本屋なんかは、面白い本屋や絶版本でも置いているのでいいですね!
図書館も最近便利になったので(札幌は少し前まで、図書館の不便さ全国1位でした・苦笑)活用したいと思います☆
2007.02.15 Thu 15:10 URL [ Edit ]
ラスク
いつの間にかこんなに奮発してしまうようになりました。最近は、小説だけじゃなくて画集なんかも興味を持ち始めてしまったので、さらに絵本にも興味が…!
本当にお金がたまりませんが、個人的には充実した生活になっています!
2007.02.15 Thu 15:12 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/113-b0c397da
Template by まるぼろらいと