龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
2006.03.05 Sun
 
            jcomrezyennzu


 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「レジェンズ 甦る竜王伝説」ジャンプ ジェイ ブックス

 著者:園田英樹 渡辺けんじ

 出版:集英社 ジャンプ ジェイ ブックス
 ISBN:4-08-703132-2

 価格:743円+税

 第1刷:2003年10月31日

 「アニメ、コミックそして小説…。レジェンズプロジェクト始動!!」

 「ニューヨークが一夜にして魔の森に!ケンとウィンドラゴンの闘いがここに始まる。2004年4月、TVアニメ化も決定したストーリーの原作!」

 「火を吐く犬に襲われたケンとメグは、謎の人物の出現で難を逃れる。 伝説の生き物<レジェンズ>を目の当たりにして興奮するケンに、メグがみせてくれた「お守り」。それは、ケンの夢にも出てきたタリスポッドだった。 そんなある夜、ニューヨークに巨大な竜が現れ、ケンの母親をさらっていってしまう。 翌日、町は魔の森と化していた。 レジェンズとそれを操るサーガの闘いが、始まったのだ。」

 目次:

 1.風の少年
 2.火のサーガ
 3.イーブルリボーン
 4.ウィンドラゴンとブレイズドラゴン
 5.旅立ち
 ・あとがき


 これは、以前に紹介した「レジェンズ(漫画版)」と同じ世界観で書かれた作品で、内容は全く違います。

 著者の“園田英樹”は劇場版ポケットモンスターの脚本を、“渡辺けんじ”はデジタルモンスターのキャラクターデザイナーとして有名です。

 漫画では舞台は日本でしたが、この小説版だと舞台はニューヨークになります。主人公の名前はどちらも同じ「ケン」ですが、全くの別人です。ドラゴンも漫画では<ウインドドラゴン>小説では<ウィンドラゴン>と表記されていますが同じです。名前も「シロン」です。でも、それぞれ違う「シロン」です。

 この巻では最後のほうにニューヨークを抜けてナイアガラ方面へ旅立ちます。その続きがあるはずなのですが、まだ出版されていません。

 一気に読める作品なので、ぜひ読んでみてください。個人的な意見ですが、私は漫画よりこの小説のストーリーのほうが好きです。でも1番はアニメでした(笑)アニメの話はまたいつか。

 出てくるドラゴンや幻獣は変わりません。

 レジェンズのアニメや漫画しか見たことないという方は、ぜひこちらの小説もどうぞ。
また遊びにきました。レジェンズは久々ドラゴンが主役級で活躍する国産物で、マンガ、小説、アニメと突破?しました。
クセはありましたがアニメが一番でしょうか。小説は完全に(続く)で終わっているのに、続編が出ません(売れなかったか!)。残念です!
アニメと違ってシロンが純真無垢ですねー。
2006.03.05 Sun 21:54 URL [ Edit ]
ラスク
またまたありがとうございます☆
そうですね、私もアニメが一番好きでした!私はランシーンが一番好みでした(笑)
漫画もアニメも小説も、全部シロンのキャラが違ってよかったですよね。
本当に、小説の続きが無いのが残念です(涙)多分、レジェンズは知っていても小説の存在を知っている人が少ないと思うのです…
2006.03.05 Sun 22:28 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/12-1675bca0
Template by まるぼろらいと