龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
2007.05.04 Fri
 
            中国神龙艺术


 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「中国神龙艺术」(中国神龍芸術)

 著者:徐华铛

 出版:天津人民美术出版社
 ISBN:7-5305-2933-1

 価格:29.00元
 購入価格:1921円(税込)
 第1版:2005年5月 第3次印刷:2006年10月

 「神龙,是中华民族的图腾,也是深受广大人民群众欢迎的传统艺术形象。本书以简洁生动的文字和几百幅精美流畅的画面,描述和介绍了神龙的起源、历代的演变、发展及其艺术特色。中国神龙,作为一种独特的装饰形象,源于传统又高于传统,奇而瑰丽,可供工艺美术各个领域和艺。」

 目次:

 ・龙,是中国特有的艺术产物 ― 中国神龙艺术前言
 ・第一章 图腾,"中国神龙的摇篮"
 ・第二章 寻覔"中华第一龙"
 ・第三章 历代神龙的艺术特色
 ・第四章 神龙的种类和形式
 ・第五章 常见神龙的艺术造型
 ・第六章 传统建筑中的神龙
 ・第七章 神龙 ― 永开不败的传统艺术奇葩
 ・神龙图谱
 ・后记

 環境によっては文字化けすると思います。

 とりあえず、エキサイトさんの翻訳分文そのまま載っけます。完全にそのまま載せますので、日本語の文がおかしくてもスルーしてください。

 「神竜、中華民族のトーテムで、広大な人民群衆の歓迎の伝統の芸術のイメージを深く受けられるのです。当本は簡潔に生き生きとした文字と数(何)百枚の精巧で美しくてなめらかな画面で、神竜の起源、歴代の変遷を述べて紹介して、芸術の特色を発展します及び。中国の神竜、1種の独特な飾るイメージとして、伝統から源を発してまた伝統より高くて、珍しくてたいへんきれいで、工芸美術の各領域と芸を供給(提供)できます。」

 目次:

 ・竜、中国の特有な芸術の産物です ― 中国の神竜の芸術の前書き
 ・第1章 トーテム、"中国の神竜の揺りかご"
 ・第2章 〓"中華の第1竜"を探します
 ・第3章 歴代の神竜の芸術の特色
 ・第4章 神竜の種類と形式
 ・第5章 よくある神竜の芸術の造型
 ・第6章 伝統の建物の中の神竜
 ・第7章 神竜 ― 永遠にしぼむことはない伝統の芸術の不思議なもの
 ・神竜の図鑑
 ・後記

 大体こんな感じです。

 中国語(簡体字)読める人にはもちろんですが、読めない人にも嬉しいのが、イラストの多さです。

 どのページにもイラストが載っていますし、後半の約100ページは大小様々な龍のイラスト尽くしです。

 イラストの資料にするのなら、オール東洋龍の資料になりますのでかなり良いものになるのではないかと思います。もちろん本場中国のものですから良いものばかりです。印刷は全て白黒です。

 西洋龍が好きな方には良いイラストはありませんが、東洋龍が好きな方にはたまらない一冊です。簡易的なイラストから精密なイラスト、その他壺や柱に描かれた(彫られた)龍の彫刻のイラストなど、東洋龍だらけです。文字が読めなくても楽しめる1冊です。

 金額ですが、仮に1元15円として、「29元×15=435円」になりますが、日本で買うならその他諸々の経費がかかるので2千円ほどになります。

 中国の龍が大好きな方は是非手元におきたい一冊です!
うぉぉぉおああぁああ(落ち着け)
表紙の写真を見ただけで一気に体温が上昇してきた気がします(笑)
それに異様ににやけてしまっております(汗)

本場中国の龍さんの絵を約100ページにわたって楽しむ事が出来るのですのに2000円は安いですね
ずっと昔ですがテレビで、日本人が選ぶ中国のなんとかランキングっていうので
1位が中華料理になっていた記憶がありますが
東洋龍さんが1位じゃないのは、何かの間違いですよね(ぇ?)
話題を戻しまして、これは東洋専門の芸術集といったところでしょうか
これは欲しい 欲しいですが・・
案の定アマゾンさんでは扱いがないようですね(汗)
自分は中国語を読む事が全く出来ませんが、イラストだけで普通にこの本を楽しめそうです
ただ、日が経つにつれて何が書いてあるのか
気になって仕方なくなりそうですが(苦笑)
2007.05.06 Sun 03:22 URL [ Edit ]
いお
直訳マシーン(?)で翻訳したのでしょうか。
ほぼ意味は通じていると思います。^^;
東洋龍も奥が深いのですね。
芸術として認められた龍の画像がたくさんあることは、とても貴重なのではないかなあと思いました。
「神龍の図鑑」という部分だけでも、みてみたいです。
2007.05.08 Tue 17:34 URL [ Edit ]
ラスク
個人的にもお気に入りの1冊です。
以前一度話題になりました、中国書籍専門のお店で買ったものです。

入荷まで4ヶ月くらいかかりましたが(苦笑)
もし購入するのなら、即注文です!忘れた頃に発送メールが届きます(笑)

中華料理かぁ…私の中では龍が一番ですよ!!2位も3位も龍です!!
2007.05.09 Wed 01:27 URL [ Edit ]
ラスク
そうです。訂正するのが面倒だったので、とりあえずエキサイトさんの翻訳機にかけてみたものをそのまま載せてしまいました。へんなところは皆様のご想像にお任せする事にしました…(汗)

いおさんは確か西洋のドラゴンの方が好きでしたよね?
東洋龍にもなかなか可愛い龍も居ますので(!?)お時間と機会があれば是非!
2007.05.09 Wed 01:32 URL [ Edit ]
これは手に入れないとバチ当たりだと思いすぐに
早速、東方書店さんを覗いてみました
書店さん内で検索し、「中国神龙艺术」のページを開くと
1921円という値段が
お支払いについてを見ると、2000円以上でないと代金引換が使えないと書いてあり
これ以外はクレジット払いしかないようですね
根本的なところでいきなりピンチですね・・・(汗)
入荷まで4ヶ月とは、凄く壮大ですね(苦笑)
輸入とはいえ、なぜこれほど時間がかかってしまうのでしょうか・・・
とはいえ、突然忘れた頃に発送完了メールが届くと
嬉しい気持ちになりそうです(笑)
しかし、このピンチ どうやって乗り切りましょうか・・・
一緒に他の書籍も購入するというのが適当かと思われますが
誰か、リアルでこの本を一緒に購入してくれる方を探してみます(苦笑)

自分も自分の中では全順位が龍さん独占です(笑)

2007.05.11 Fri 01:44 URL [ Edit ]
ラスク
そういえば当方書店さんは2000円からだった!!
それなら、他の龍さんに会える書籍を…と思ってみたり(蹴)
実は、この本を注文したのは今年の1月。同時に三冊注文したのですが、実はまだもう1冊が届いていないんです。その本のタイトルは『中国龙画』(中国龍画)。
もし内容がイラストが多かったら同時購入で代金引換が使えます…入荷がいつになるのかは検討もつませんが。もうそろそろ注文してから半年になります(涙)
もう1冊頼んだ『大龙邮票』(大龍切手)は完全に文章のみでした。
どこかで上手い事入手できないものかなぁ…洋書と違うので色々と難しい!!

"中国といえば"トップ5を龍さんで埋めるには、色分けなどで上位を独占しましょうか。1位は白、2位は黒とか(笑)…私には全部1位になってしまう!(蹴)
2007.05.14 Mon 02:28 URL [ Edit ]
「中国神龙艺术」という本を一緒に購入してくださる方が見つからなかったので
どのような内容か詳しくは分りませんが
ラスク様がおっしゃっていました「中国龙画」も同時購入してみます
買って損はないですよね♪(自信満々)
これで、どちらの本だけでも自分の誕生日の月(7月です)に発送されるとテンションMAXです(笑)
2ヶ月後なので、この様子だとかなり厳しそうですが(汗)
しかし半年になっても発送がないのは、一体なぜなのでしょう・・・
ここまで時間がなぜかかってしまうのかがよく分りませんが
注文は早い方が良いのは確かなので注文してみます
中国語を使用できるOCRを用意しなくては!!
OCRは、本などの文字をパソコンで扱えるテキストデータにしてくれる科学チックなアレです
これでいっきにライブドア翻訳してみます(ぉ)
やはり、内容も知りたいです(欲望)
「大龙邮票」は文字だけですか~
一切中国語に触れた事がない自分にとってはもう翻訳サイトに頼るしかなさそうです(汗)
狸小路あたりに中国の本の専門店とかあったりしないですかな~・・・
ご存知かもしれませんが、異常に自店の売り込みをしてくる黒人さんならいつもいるんですけどね・・

ラスク様のご意見に100%賛成です(笑)
色別に順位を埋めていこうとしても、これは苦渋の選択ですね(笑)
ドラゴンさんなら全員1位!!(斬)
ランキングって、優劣の順に並べているようで卑劣極まりないですよね(ぇ?)
みんなが一番でいいじゃないですか と思いますよ(はい?)
すみません意味不明でした(汗)
2007.05.17 Thu 01:23 URL [ Edit ]
ラスク
中文の書籍は、洋書と違って通常流通しているものではないので…きっと遅くなってしまうのでしょう。しかも、書籍そのものもマニアック(笑)
いつになったら届くのか…注文していたことを本当に忘れてしまいそうです。まるで受注生産並み!

大龙邮票はイラストゼロだったので…。いつか紹介しようか、しまいか迷っています。だって紹介しても誰も買わないと思うから(汗)…でも、一番早く届いたのは事実です(なんと皮肉な…)

OCRなるものがあるとは…時代は進んでいるのですね。完全に時代に取り残されている気がする…。
そんな発明品があるとは!

>異常に自店の売り込みをしてくる黒人さん
居ますね。絶対いる。狸小路の定番ですからね(笑)

さて、ランキングはみんな1位にしましょうか。そうすれば世界は平和に…(?)
2007.05.23 Wed 09:23 URL [ Edit ]
洋書と違って通常流通しているものではない・・・そうだったのですか~(爆)
そうとも知らず、中国に対して失礼な言葉を計2度も(汗)
中国で本を書かれている方々と、自分の意見を読んでお気を悪くされた方々に謝罪申し上げます(汗)
受注生産というのは確かにありそうな気がします
ある程度注文がまとまってから製本というのはありそうですね

イラスト0の書籍が一番早く届くとは、神なる存在に狙われたとしか思いようが・・(汗)
それとも、本場中国では売れ行きが良いのでしょうか

OCRは・・・小説などがテキストデータにされて
ネットに放出されるなど問題も抱えているみたいです(汗)
元が本の小説は本として、紙で読むからこそ味があるものだと思うのですのに・・・

確かに狸小路の定番ですね(笑)
丁度、信号赤の時に狙って
すっごいしつこく売り込みしてきますよね
それも、青になって歩き出しても肩をつかんで引き止めてきますものね・・・
いい加減にしてほしいです(愚痴)

ランキングはみな1位にするしかないですね
龍さんの力で全宇宙に笑顔がもたらされるはず・・・
レビヤタンさんも完全体な遺伝子を持たない人間を排除しようなんて思わなかったはずですよね(ぇ?)
この書き込みを米村様がご拝見されると怒られそうな気が(汗)
2007.05.25 Fri 02:14 URL [ Edit ]
ラスク
いえいえ、単に需要が少ないのが原因だと思いますから(笑)
東京の神保町にいけば専門店が多いのですが…北海道はどうしようもないですね。
ただ、大陸へ行って買ってくれば本当に安く済みますよ(笑)
とりあえず、大陸へ行ったらあっちの中国語辞典が欲しくてたまりません。でも、もちろん探しますよ、龍関係のもの全て(笑)
お金をためてる理由の1つですから。自分のお土産を大量に買いたいのです。龍関係…。

こんど、札幌にも有るかどうかさがしてみましょうか☆
2007.05.27 Sun 14:26 URL [ Edit ]
サラス
いいですねー、イラスト入りですか!
ほちぃ…(汗)

中国の龍本は何冊かありますが、なんせ昔のなので、かっこいいイラストがなくて。

そうそう、ラスクさんはトランペットを吹く方でしたよね?
この前、ネットで「ドラゴントランペット」なる商品を見て、ラスクさんを思い出してしまいました(笑)
2007.08.06 Mon 17:39 URL [ Edit ]
今度、中国書籍ですが龍の写真集がありますので、それも紹介しますね!
ただ、中国の本を持っているサラスさんならわかるでしょうが、紙の質の問題がありますからあまりきれいな写りではないです…日本の本の紙が高級すぎなのですかね?(笑)
今度(いつになるかわかりません・汗)紹介するので、気長に待っていただければありがたいです~。

>「ドラゴントランペット」
すごいものを見つけましたね!
そうです、私はトランペット吹いてます。
もしかしたら龍の彫刻入りの楽器かもしれません。あれは本当に格好良いので憧れます♪
ただ、ソロ奏者などが使っていれば目立ちますが、大人数で吹く場合は隣の人を驚かせる程度です(苦笑)…それでも欲しいです!
私を思い出してくださってありがとうございます(笑)
2007.08.09 Thu 01:57 URL [ Edit ]
サラス
すいません、よく読んだらトランペットというよりも、豆腐屋のラッパみたいな音のようです(汗)こちらです↓
http://www.ramailobazaar.com/dragontrumpet.html

紙質、あちらは良いパルプがないので、一部日本から輸入しているくらいですからねえ。うちも昔輸出してました(爆)

画集のアップのんびり待ってます。
2007.08.09 Thu 18:20 URL [ Edit ]
URL先見させていただきました。
かっこいいというか、面白いですね☆
吹き口の写真も出てましたね…、たぶん、吹きにくいです(苦笑)でも吹いてみたいです!

先に別な記事アップしてしまいました(蹴)
予定がくるわなければ次あたりに紹介させていただきます。

サラスさんの家は貿易関係の仕事をしていたのですか?
世の中には色々な仕事がありますね♪
2007.08.10 Fri 02:00 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/130-a36b9315
Template by まるぼろらいと