龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
2007.05.26 Sat
 
            d&d.Dragonmagazine


 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「The Art of Dragon Magazine」~30 Years of the Wolrd's Greatest Fantasy Art~(Dungeons & Dragons)

 Foreword by Erik Mona and Sean Glenn

 出版:Paizo Publishing
 ISBN-10:0977677869
 ISBN-13:978-0-9776778-6-3

 価格:US$:34.95 日本(Amazon.co.jp):3956円(税込、9%値引き)
 初版:2006年12月

 「For 30 years, Dragon magazine has published genre-defining fantasy masterpieces. This beautiful treasury features classic art by undisputed masters such as Larry Elmore, Keith Parkinson, Jeff Easley, Wayne Reynolds, Brom, Todd Lockwood, Tony DiTerlizzi, Clyde Caldwell, and more. Relive three decades of unbridle imagination with the world's finest fantasy artists!」

 目次:

 ・30 YEARS OF INSPIRATION. (ERIK MONA, EDITOR-IN-CHIEF, DRAGON MAGAZINE)
 ・LET THE ART SPEAK. (SEAN GLENN, SENIOR ART DIRECTOR, DRAGON MAGAZINE)
 ・ADVENTURERS
 ・MAGIC
 ・MONSTERS
 ・WORLDS
 ・DRAGONS (P134~P160)


 ダンジョン&ドラゴンズの『ドラゴンマガジン』30周年企画っぽいものです(英語読めないのでよく解かりません…)

 全160ページのイラスト集。D&Dの世界がイラストで楽しめます。

 イラストは、ADVENTURERS・MAGIC・MONSTERS・WORLDS・DRAGONS、に分かれて掲載されています。

 どのジャンルにもちょこちょこドラゴンは描かれているのですが、ドラゴンがメインなのは最後の「DRAGONS」です。ドラゴンのイラストが24枚、歴代ドラゴンマガジンのドラゴンが表紙になったものが10枚掲載されています。

 全てのイラストがオールカラーです。そしてハードカバーの豪華版。

 ドラゴンのイラストが極めて多いとはいえませんが、D&Dの様々なイラストが楽しめるのでD&Dファンには是非お勧めの1冊です。

 ドラゴンだけでももちろん楽しめますが、少々高価なのでその当りはお財布とご相談を。

 本文は全て英語です。




――――――――――――――――――――――――――――――――

                ≪宣伝コーナー≫

              ビーストコード実写



 「ビースト・コード(BEAST・CODE)」

 著者:米村貴裕

 出版:リトル・ガリヴァー社
 ISBN:978-4-947683-98-4

 価格:1050円(税込)
 初版:2007年4月27日

 「高校生の雷貴はある日、太古の昔に地球で栄えた「特殊能力を持つ遺伝子」の発現によって龍に変貌する。すでに発現し「完全体」となった者たちによる地球支配を阻止しようと、雷貴たちの闘いは始まった。だが、雷貴が想いを寄せる知子は人類の敵となる彼らの王女だった。死闘を繰り広げることになった二人の運命は――。科学と愛情が錯綜する、SFファンタジーの意欲作。」(本書裏より引用)


 最新作ドラゴン幻獣大出演の物語です!読書用に1冊、保存用に1冊、観賞用に1冊、携帯用にもう1冊!?

 ようやく出回ってきたようです。見つからないようなら、直接出版社さんのホームページで注文してしまいましょう!

 出版社さんの「リトル・ガリヴァー社」さん→ http://www.l-gulliver.com/

 著者さんへの応援メッセージは米村貴裕さんのブログへ!(ブログは当ブログ右側のLINKS内『ペーパークラフトにドラゴン(ライター)&ベンチャー、『ビースト・コード』』です!)
いお
いかにも龍を描き慣れてます、って言わんばかりの洋書ですね~。
装丁もしっかりしている感じです。

しかしほぼ4000円っていうのは、いいお値段です(汗)。
こんなに高くても、やっぱり売れるんでしょうね・・
・・好きな人には。(←誰だか言わずもがな)
2007.05.27 Sun 15:10 URL [ Edit ]
ダンジョン&ドラゴンにこのような書籍があるのですね♪
全160ページに渡るイラスト、オールカラーでハードカバー仕立て
とは、物凄い豪華ですね♪
表紙とかもう最高の一言ですね(笑)
思わずテンション上がってきて首がちょっと変になりました(ぇ?)
ドラゴンさんメインでなおかつ優しいお値段なら尚よかったのですが
お値段が実にハイパワーですね(苦笑)
ダンジョン&ドラゴンズは自分が小さい頃からなじみのあるゲームですし
映画も映画館で見ましたので、実に気になる一冊です
龍さんのイラストがある時点で気になって仕方ないの域を越しますが(蹴)
お値段がお値段なので、これは2ヶ月プランで購入する事にします(?)
これを1ヶ月で購入すると、給料のうち、自由に使える分のほとんどがなくなってしまいます(汗)

後、関連性のない話題で申し訳ありませんが
また、DVDをお持ちのラスク様には有益ではない情報かもしれませんが
エラゴンが今年の12月ごろに地上波で放送するそうです
あくまで噂の範囲なので、本当かどうかはわかりませんが
2007.05.29 Tue 02:29 URL [ Edit ]
ラスク
そうです。まさに「ドラゴン描いてます」といった感じの本です(笑)
色といいデザインといいドラゴンのサイズといい、いかにも米国らしいですよね。
それに、お値段もビックな国アメリカです。
なんでもビックなアメリカです。

こんなの、英語が読めるならまだしも、読めないのに買うやつなんでどうしようもないやつしかいないと思いますよ。誰だとはいいませんが…(笑)
しかし、本当に高いですよね。画集って大抵この値段あたりになってしまうので困ります…。
財布の中身を見ないで衝動買いしたものなので、財政難に陥りました~(涙)
正直なところ、ドラゴンばかりの画集かと思っていたのです…。届いてびっくりでした!
2007.05.29 Tue 10:02 URL [ Edit ]
ラスク
最近、アマゾンさんで洋書のセールをやっていて、D&Dの書籍もたくさん出ていました。なのに、この本は対象外でしたよ~(涙)

私はてっきりドラゴンばっかの画集だと思い込んで発見してすぐに注文してしまったのですが…まぁ多少損した気分もありますが、好きなドラゴンイラストも見つけられたのでまぁよしかと。

実は私、D&Dはほとんど未知の世界なんです…映画は地上波で何度か見たことがあるのですが、それ以外はあんまり…。なので、ドラゴンのイラストは非常に楽しめるのですが、それ以外はさっぱりなのです…。特に、登場人物(ようは人間)のイラストはさっぱり…。
とりあえず、ドラゴンだけでも楽しんでおこうといういやらしい精神です。
高価なものなので、あまり無理はなされずに…。
私みたいに、留学費用が一向にたまらない現象になってしまってはどうしようもありませんから(苦笑)学費分はしっかり残しましょうね☆(…人に言えたことか!)

情報ありがとうございます。地上波は12月ですか…。最近、公開から1年するかしないかで地上波に乗るのでびっくりです。DVDは持っていますが、もし地上波でやったら確実に見ます。
(ポケモンのルギアさんの映画、VHS、DVD、地上波録画2本、あとは映画本何冊か…という完全に重症のコレクターとして収めていますから。サフィラさんも収めるかと…。)
2007.05.29 Tue 10:21 URL [ Edit ]
お目当ての本に限って、値引きですとか○冊同時購入で○%OFFですとか、セールの対象外になってしまう事って、なぜかよくありますよね(苦笑)

確かに表紙だけでは、ドラゴンさんオンリーな画集に見えますね
お値段が、高価ですので、ドラゴンさんの部分だけ抜粋して、他が無くなった分だけ安くしてほしいですね(問題発言)
この本の表紙がそのままポスターにならないですかな~(笑)

D&D、映画の方では残念ながらドラゴンさんの出番が少ないにも程があるという状態でしたよね・・(汗)
本場、ゲームの方ではたっぷりです(笑)
>ドラゴンだけでも楽しんでおこうといういやらしい精神
自分には、非常にお上品でこの上なく素晴らしく気品のある精神に思えます(笑)
たまに、無理をして、いっきに龍本などを購入してしまっていますので
学費分がたまりにくい、という現象が本当に発生しております(待ちなさい)

確かに、ここ最近、公開から1年も経たないで地上波で放送されますからビックリですよね
自分も、放送されたときは確実に見ます(笑)
ルギアさんの映画と言えば、映画館での悲劇が・・(苦笑)
数年前の記憶ですが、決して忘れる事はありません
子供が、三人くらい最初から最後まで爆音で泣きわめいていて、結局落ち着いて見れたのは家のテレビの前だった
という事がありました(笑)
子供がと言いましたが、当の本人も子供ですね(ぁ)
普通、自分の子供が泣いていたら迷惑を考えて、外に連れて行きますよね・・
すみません 突如、愚痴話になってしまい(汗)
2007.06.01 Fri 01:13 URL [ Edit ]
半月遅れの返信です。もうどうにでもしてください…。

D&Dのイラストを見ていて思ったのですが…ドラゴンのイラストはいかにも西洋らしいですね。好き嫌いは別として、それっぽく見えるのは好きです。個人的にドラゴンは優しいほうが好きなのですが…(苦笑)

映画館は、本当に色んな事件が起こる場所ですよね。
私は年に1~2回しか映画館に行かないものですから、あまり事件には遭遇しませんが…まぁ色々と(笑)子どもは悪魔ですからね~。
2007.06.16 Sat 00:45 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/134-fadd3814
Template by まるぼろらいと