龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
2007.08.10 Fri
 
            孤島のドラゴン


 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「孤島のドラゴン」
 原題:The Dragon of Lonely Island

 著者:レベッカ・ラップ
 訳者:鏡 哲生

 出版:評論社
 ISBN-10:4-566-01225-5

 価格:1400円+税
 初版:2006年10月10日

 「はなれ小島で夏を過ごした3人の子どもたちの、竜(ドラゴン)と出会った夢のような物語。~子どもたちは、だれかの目を通して見る、別の世界の中にいた。~」(本書帯より引用)

 「ハナ、ザカリー、サラ・エミリーの三人きょうだいは、夏休みを、沖合の孤島にぽつんと建つ、昔おばさんが住んでいた家で過ごすことになった。それは古風な、立派建物で、部屋がいくつもあった。島の北のはしには、"ドレイクの丘"とよばれる岩山――。おばさんは、手紙にこう書いていた。「もし、たいくつなら、ドレイクの丘を調べることを、おすすめします」そこで三人は、ある日、探検に出かけた。てっぺんにたどりついて、そして見つけたものは……!!」(本書カバー折込より引用)

 目次:

 1.孤島
 2.塔の部屋
 3.黄金の竜ファフニエル
 4.緑目の竜の物語(1)―メイラン
 5.緑目の竜の物語(2)―北からの侵略者
 6.秘密の箱
 7.青目の竜の物語(1)―ジャミー
 8.青目の竜の物語(2)―アルバトロス号の航海
 9.青目の竜の物語(3)―秘蔵の品
 10.妹
 11.銀目の竜の物語(1)―空飛ぶ機械
 12.銀目の竜の物語(2)―あばら屋
 13.銀目の竜の物語(3)―生存者たち
 14.また会う日まで


 海外児童文学書です。

 主人公は夏休みを利用して、アメリカ本土から親類の家がある離れ小島へ渡った3人兄弟。一番上はすこしませてる長女のハナ。真ん中は科学的なことが大好きな長男のザカリー、一番下はすこし引っ込み思案なサラ・エミリー。

 昔、その島に住んでいたおばさんから手紙をもらい、島の北にあるドレイクの丘へ行くことになる。そこにある大きな洞窟に入ると、なんとドラゴンが…というお話。

 ドラゴンの名前はファフニエル。黄金の鱗に大きな翼、そして3つの頭という姿。

 この物語では、この3つの頭がすべて起きていることはないです。どれかが起きていたら、残りの2つは寝ています。

 主人公たちも三人兄弟、ドラゴンも3人(?)兄弟。ドラゴンのほうは一番下(…卵から頭が出てきた順番です。数え方は「○番覚醒」)だけが女性。本人曰く、「大人のオンナ」だそうです。

 主人公たちはその洞窟の中で、ドラゴンが見てきた遠い場所、遠い時間の話を聞きます。

 一番覚醒のドラゴンは中国での少女との話を、二番覚醒のドラゴンはイギリスから航海にでた少年の話を、そして一番下の三番覚醒はアメリカから太平洋を横断しようとした兄妹の話を。

 優しいドラゴンが登場するお話です。内容も面白いのでお勧めです。ドラゴンと人間が真の友達になるお話、夢があって素敵な作品です。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



            三冊ビーストコード


       『ビースト・コード』宜しくです!
 
>てっぺんにたどりついて、そして見つけたものは……!!
こういうシチュエーションが個人的に好きでたまりません(笑)
この作品は、自分にとって初耳となる作品ですが
紹介文を読ませて頂いて、こんなにも雰囲気だけで平和的で暖かな気持ちになれるような
作品との出会いは本当に久しぶりかもしれません
何かと最近、戦いものの作品ばかり読んでいましたので(笑)
突然ですが、いつも思っている事があるのですが
ラスク様の書籍の紹介文は毎回、とても直感的で分かりやすく
どのような作品なのか把握しやすい紹介文で、ラスク様の紹介文を読む事が楽しみの一つとしてすっかり定着しております(笑)
(お世辞とかそういうつもりは一切ございません 本心でございます
また、お気に障る発言でしたら申し訳ありません)
いきなりな発言をしておきながらアレですが
暑中お見舞い申し上げます(遅)
自分もこの作品、必ず(必ず宣言)読んでみたいと思います
こういう時に限って、運がないところが切ないですが(苦笑)
2007.08.12 Sun 03:20 URL [ Edit ]
ラスク
この本はあまり厚くない本なので、すぐに読めると思います。ハードカバーなのでお値段は仕方ありませんが(苦笑)

必然的に戦いものは多くなってしまいますので、たまにはこのような作品もどうぞ☆
私みたいに、絵本とか集めるドラゴン好きはあんまりいないと思うので、戦いものは実は詳しくないです(苦笑)なので小説も沢山読もうと思います!

人によっては、児童書コーナーに入るのがためらわれるようですね。私はずかずか入っていきます。
よく、騒いでるガキに足踏まれます(笑)

おほめの言葉、本当にありがとうございます。
最近、何書けばいいかよくわからなくなっていたので本当に助かります。
…そうそう、この記事の文章なのですが、過去のを振り返ってみると直したいものがたくさん(笑)

しっかし北海道のクセに暑いですね!これじゃあ避暑地でもなんでもないじゃないですか!!
…と、このままの格好で外出したら警察に捕まる私でした。どんな格好しても暑いですね~。
2007.08.14 Tue 11:58 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/142-fef35d30
Template by まるぼろらいと