龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.12 Tue
 
            新装版龍の絵入門

 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「新装版 龍の絵入門 ~軸物から年賀状まで~」

 著:千場哲鳳

 出版:日貿出版社
 ISBN:978-4-8170-3717-6

 価格:2500円+税
 初版第一刷:1999年10月10日
 初版第二刷:1999年11月11日
 新装版第一刷:2008年6月1日

 「古来好んで描かれてきた龍は縁起の良いものとして吉祥のテーマには欠かせないが、架空の動物であるが故にやさしくもあり、難しくもある。そこで本書は、分かっているようで分からない龍の体形を徹底分析して描き学ぶ。基礎知識から体の各部分の描き方、背景の処理、小作品と大作品、色紙・条幅・葉書など約100作品と豊富な図解を駆使した決定版。」(本書カバー折込より)


 目次:

 ・はじめに
 ・目次
 ●第1章 龍の伝説と種類
 ・龍とは
    (1)龍の歴史 (2)龍と道教 (3)龍と干支
 ・龍の種類と姿形
    (1)龍の種類 (2)龍に「九似」あり (3)『本草網目』の九似 (4)標準的な龍の九似
 ●第2章 龍の名画鑑賞
 ●第3章 龍の体形
 ・龍の全容
 ・龍の顔
 ・龍の胴
 ・龍の足
 ・龍アラカルト――キリスト教と龍
 ●第4章 龍を描く
 ・水墨画の用具
    (1)用具全体 (2)墨 (3)硯 (4)筆 (5)画紙
 ・龍の顔の部分を描く
    (1)龍の眼の描き方 (2)龍の鼻の描き方 (3)龍の口の描き方 (4)龍の耳の描き方 (5)龍の角の描き方 (6)龍の頬鬚の描き方
 ・龍アラカルト――仏教と龍
 ●第5章 龍の顔を仕上げる
    (1)当たりと下図 (2)本図描き (3)線描を上手に (4)龍顔の作品図例
 ・龍アラカルト――龍船と龍紋
 ●第6章 バックを描く
    (1)背景となるもの (2)背景で絵が違ってくる (3)背景の描き方
 ●第7章 色紙に描く
    (1)色紙に描くときの注意事項 (2)色紙の龍画作品
 ●第8章 額絵を描く
    (1)大色紙 (2)額 (3)額用の絵を描く
 ・龍アラカルト――龍の郷土玩具
 ●第9章 条幅に描く
    (1)条件幅を描くときの心掛け (2)条幅の本描きの順序
 ●第10章 年賀状の龍を描く
    (1)年賀状について (2)描くときの心掛け (3)年賀状を描く



 東洋系の龍の描き方教材です。

 収録内容は目次をご覧ください。どの頁でも文章と絵の両方で説明していますので分かりやすく書いてあります。大部分は白黒ですが、掲載作品の一部はカラーです。メインは水墨画なので白黒が基本です。

 この書籍は龍自体の描き方以外に、色紙の場合や年賀状の場合など、用途に応じた説明があるので色々な目的に使えます。著者の作品も多く掲載されていますので画風が好みなら良い資料にもなるでしょう。

 また、背景についての説明も一つの単元を作って説明していますので、そのあたりに興味がある方にもお勧めです。

 全166ページになっており、他の同ジャンルの書籍より大体50ページほど多くなっています。

 東洋系の龍の描き方教材をお探しの方、資料をお探しの方にお勧めです。西洋系は収録されていませんのでご注意を。


 ※この書籍は「新装版」です。同タイトル書籍でも旧版の書籍が存在します。そちらは表紙も少し違います。旧版ISBNは 4817031409 です。内容の方は現物がないので確認できません。
ラスク様こんばんはでございます♪
これはニヤケ顔を隠さずにはいられない一冊ですね(気持ち悪い)
ここで家族に見られるとまた不審者扱いです(笑)
そしてこの書籍、昔っから描けないクセしてドラゴンさんの絵を描き続けてきただけに
気になって仕方ない一冊です♪
いつかは威厳に満ちた血気ある龍さんの絵を描けるようになりたいものですが
この書籍がこの目標の手助けになるかもしれないと思うと
込み上げる笑みが自分の顔に収まりきらなくなってきます(意味不明&相変わらず気持ち悪い)
ページ数もボリュームありますし、絵の勉強ではなくとも
沢山の龍さんに会えるのだと思うとそれはもう天国極まりないですね♪

しかし、持病の万年金欠病がここ最近特に酷い上に、光熱費の上昇などで
家に入れないといけないお金が増え続けている事が病状悪化に拍車をかけています・・(汗笑)
龍本を買える冊数が減ってしまうと仕事のやる気が(強制終了&仕事があるだけでも喜ぶべきですね)

何はともあれ早速、購入リストにインしました(笑)
2008.08.14 Thu 23:55 URL [ Edit ]
ラスク
>クリスタル様
私もこの本、買う予定無かったんですが面置きされててつい買ってしまいました(汗)
今気づいたのですが、東洋系の描き方教材って今まで一度も記事にしていなかったんですね…
というか描き方シリーズなんも紹介してない?(苦笑)
とにかく、買うだけでたくさんの龍さんに会えるのは間違いなしです♪
存分ににやけちゃってくださ~い♪

龍さんは…極端に逃げないと思いこんでたら意外と逃げちゃったりするんですよね…。古本なら結構する見つかりますが。あまり無理せず、計画的に!!
…一番計画的にやらないといけないのはこの私です(蹴
2008.08.19 Tue 11:25 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/167-2949e262
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。