龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.11 Thu
 
            竜退治の騎士になる方法

 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「竜退治の騎士になる方法」

 作・絵:岡田淳

 出版:偕成社
 ISBN:978-4-03-646010-6

 価格:1000円+税
 第一刷:2003年10月1日
 第五刷:2007年5月

 「そのひとはジェラルドと名のり『おれは竜退治の騎士やねん』と関西弁でいった。どうみても日本人だった……   『夢』さえせてなければかならず奇跡はおこる 夕ぐれの学校でおこったふしぎな事件」(本書帯より)

 「十月の夕ぐれ、優樹とぼくは、わすれたプリントを学校にとりにいった。そして、ぼくたちはジェラルドにあったんだ。ぼくたちの運命をかえることになる“竜退治の騎士”に。」(本書カバー折込より)

 目次:

 ・ぼくは六年生だった。秋のある日のことだ。
 ・ぼくは、ことばの意味がよくわからなかった。「学校へ、宿題のプリント、とりにいきたい?」優樹はくりかえした。
 ・教室をさきにのぞきこんだのは優樹だった。のぞきこんでしばらくじっとして、それからぼくをふりかえって首をひねった。(だれかいてるのん?)
 ・「おれが、なんで竜退治の騎士になったかゆうたら……、そう、いちばん最初のきっかけは、やな……。うん。おれが小学生のときに、竜退治の騎士に出会った、ということや。あれは、五年生のときやった。」
 ・ジェリーはあわてなかった。外を見たまま、低くおさえた、しかしひびく声でいった。
 ・これが、そのときにあったことのすべてだ。そのあと、ぼくたちはジェリーとわかれ、学校を出た。




 いつもはドラゴンメインの本を紹介してますが、テーマがそれなりに面白かったので『竜退治の騎士になる方法』を紹介します。世の中、どちらかというとドラゴンライダーよりはドラゴンバスターの方が職業としては多いようですしね。

 今回も児童書ですので、内容は短く短時間に読み切れるサイズとなっています。

 ある日、宿題のプリントを学校にわすれた主人公「ぼく」と幼馴染の「優樹」が、放課後、もう鍵のしまってしまった学校に忍び込みプリントを取りにいくと、教室には見知らぬ男が座っていた。その男と話をすると、見た目は日本人なのに名前はジェラルドというし、誰も竜なんて見たこともないのに竜退治の騎士というし、なにより普通に関西弁を話すし、ちょっとおかしな物語。

 しかし、この短い作品にはジェラルドと子どもたちの会話から、竜退治の仕事や、竜退治の騎士になるためにはどうすればいいか、どうしてジェラルドは竜退治の騎士になったのか、そもそも竜とはなんで、どこにいるのか、といった竜退治の騎士に必要なことをたくさん教えてくれます。この時点で結構ネタバレしていますので、もう少しネタバレを続けますと、ここで紹介するのですから、ちゃんと竜も出てきますし、激しい戦いもあります。

 個人的に面白いと感じた部分は、ひとつは目次。タイトルを付けるのではなく、各省の冒頭を引用している点。確かに、放課後の学校へ行って帰るまでの短い時間のお話ですから、これで一章になってしまうのかもしれませんね。ほかには、大半が3人の会話で進められている点。これは最近ケータイ小説などではよく見られるようになった「」が多く使われるものですが、実際の数にすればまだまだ少数派かと思います。でも、ずっと会話形式だとストレートに物語に参加できるという良い点があると思います。ただ、関西弁に全く慣れていない人は真面目に文字通り読むと引っかかる場所があると思います。頑張って関西弁っぽく読んでみてください。そもそも、終始関西弁で綴られるお話っていうのも珍しいかもしれませんね。

 作者の岡田淳といえば、このブログで以前紹介した書籍の翻訳者でもあります。絵本の『ドラゴン伝説』『ドラゴン』『ドラゴンマシーン』です。どれもドラゴン絵本の翻訳です。今回紹介した『竜退治の騎士になる方法』は翻訳ではなく著書になります。絵本の方も個人的にお気に入りなので、機会があればご覧ください。

 竜退治に憧れたことのある方、竜退治勉強中の方、現在ドラゴンバスターな方(?)、どうやったら竜退治の騎士になれるか気になった方、是非一度お読みください。
 
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/173-8fa36210
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。