龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.30 Thu
 
            竜と宙

 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「竜と宙」~A DRAGON AND SPACE~

 著:立原透耶
 絵:甲壱

 出版:幻冬舎 幻冬舎コミックス 幻狼ファンタジアノベルス
 ISBN:978-4-344-81438-7

 価格:900円+税
 第一刷:2008年9月30日

 「桃花――厳しい階級制度に支配されたこの星で、戦士候補生としてエリート集団に属する少女・月華。処女であるはずの巫女から生まれた彼女は、周囲の蔑視に耐え、国の誉れと讃えられる竜舟乗りとなるため、過酷な訓練を続けていた。そんな中、訓練の一環で最下層民・土竜を狩りに出た月華は、流水という少年と対峙する。二人の出逢いは月華の運命を大きく揺り動かしていく…。二つの世界が交差した、壮大なる物語がここに開幕!」(本書カバー裏より引用)

 目次:

 序章
 第一話・戦士と土竜
 第二話・老竜と侠士
 第三話・幸運と不運は表裏一体
 第四話・神官と巫女
 第五話・戦士たち
 第六話・サバイバル或いは自立へのプロローグ
 終章
 あとがき



 幻冬舎コミックスの新シリーズ「幻狼ファンタジアノベルス」の作品です。

 この作品には主人公が数人いて、皆少しずつ物語が進んでいきます。表紙に描かれている主人公、及びカバーに書かれた内容は遠い未来(桃花)で、舞台も地球ではない世界です。

 この作品では2つの時代が書かれていて、もうひとつもかなり未来の話になってはいますが、桃花とは全く別の時代の話となっています。桃花に比べればかなり過去の話のようです。

 毎度のことですが、内容書くのは下手なので流します。

 本書で竜が登場するのは桃花の世界の方のみです。戦士階級の最上部に位置するのが「竜舟乗り」と言われる者たちであり、竜舟にまたがり宙を飛びます。竜"舟"というだけあって、姿形こそ竜のようだけれども乗り物として扱われています。ただし、生きているものです。生命力を原動力とするので、体内に生命を取り入れて動きます。生命というのがこの作品に出てくる土竜と呼ばれる最下層民の人間です。竜舟とは遠い昔、地球からこの星へ人間を運んだ乗り物という設定です。

 しかし、一匹だけ特別な竜が出てきます。名前は「道(タオ)」といって、年老いた黒竜です。道は竜舟ではなく竜だといいます。だから名前を持っているし、乗り手がいなくても自由なのだそうです。(竜舟は乗り手がいないと眠り続けるという設定です。)出番はそれほど多くはないのですが、重要な役です。

 道の話によると、竜舟と呼ばれるようになったのは人間を地球から運んでくる最中のことだったそうで、竜は地球にいたときは水中で生活をしていたそうです。現在は宇宙を飛びます。道は地球から飛び立った竜のなかで最年少だったそうで、地球から飛び立った者たちの最後の生き残りだそうです。

 名前自体もそうですし、作品の随所に中国的なものが登場するので、この作品での竜の姿は東洋竜です。龍と記した方がしっくりくる方もいるでしょうが、作品に合わせて全て竜と記しました。

 作品自体の説明などは全然していないこの状況でこの作品を勧めても説得力はありませんが、とても楽しめた一冊です。普段の倍のペースで読みました。作品では古代中国の雰囲気と、もうひとつの世界では未来のSFの世界が広がり、作者自身もFTのようなSFのような「空想小説」と書いています。古代中国といっても古典のような難しいものはありませんし、SFといっても難解なハードSFというものではありません。2つの異なる世界が同時進行しますが本当にテンポよく話が進み、読むほうも気持ち良くスラスラ読めます。

 竜はもちろん登場しますし、ノベルス好きな方は幻冬舎コミックスの新シリーズを試してみるのもいいかと思います。個人的にはかなりお勧めの一冊です。
ラスク様、こんばんはでございます♪
入力フォームの文字色がブログのカラーとマッチしましたですね♪
「今更気がついたのか」状態でしたらお恥ずかしいです(苦笑)

本題に参りまして、この書籍は初めて知りました。
表紙のイラストの雰囲気が心なしか、某囲碁漫画の
キャラクターに見えてしまいましたが(ぇ)後ろの
ドラゴンさんがまた素敵ですね♪(蹴)
記事からあらゆる事象が絶妙に絡み合う奥の深い
物語である事が伺えまして、最近は病状が悪化する金欠病で
溜まる一方の購入リストに爆速でインしました(笑)
読んだ事が無いばかりに中身のお話が出来ず申し訳無いです(汗)
2008.10.31 Fri 00:28 URL [ Edit ]
ラスク
>クリスタル様
返信遅くなりました(汗)
このテンプレートは加工してよかった気がしますが、私は何もいじっていません。私はHTMLはちょっとしか知らないので…。いつのまにか変更されたようです(汗)

言われてみれば見えますね、某漫画の…(笑)
でもでも、後ろのドラゴンさんに全精神を集中させてくださいね♪(なんか違いますね)
個人的にとても面白かった作品なので、余裕ができたときでいいので是非是非読んでみてくださいね~!
私も最近購入リストが面白いことになってきているので、お互い頑張りましょう♪
2008.11.11 Tue 10:24 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/175-0b1cb9ee
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。