龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
2009.02.18 Wed
 
            りゅうのめのなみだ3

 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「りゅうの めの なみだ」 名作絵本ライブラリー

 作:浜田廣介
 絵:太田大八

 出版:ひさかたチャイルド
 ISBN:978-4-89325-677-5

 価格:1400円+税
 第1刷:2007年3月

 「南の方にある国の山の中には、おそろしい竜が住んでいるといわれていました。皆、竜を恐れ、退治してほしいと願うばかり。ところが、ある日、ふしぎな男の子があらわれました。男の子は竜を恐れないばかりか、嫌われている竜をかわいそうに思い、竜を探し出して誕生日のお祝いに来るようにと誘います。すると竜は…。廣介童話の代表作を絵本化した心あたたまる物語。」(本書カバー折込より引用)




 このブログでは同名書籍を過去に2度紹介しています。過去の作品はこちら。

 http://lasksnow.blog53.fc2.com/blog-entry-144.html 集英社

 http://lasksnow.blog53.fc2.com/blog-entry-8.html 偕成社(ネタバレ有り)

 今回はひさかたチャイルドから出版されたものです。

 中の文章は集英社のものと同じです。ただし、今回紹介するものは「原則として小学校二年生までの漢字を使用し、それ以外の表記については、仮名書きに改め」(最終頁・編集部の注意書きより)ているほか、「現在ではあまり使用されていないと思われる用語や幼児にはやや難解と思われる用語については、青文字で言い換えて」(上に同じ)いるそうで、多少読みやすくなっているかもしれません。

 本書の最終ページ、今回は児童文学者の西本鶏介さんのコメントとなっています。
  ※西本鶏介の過去に紹介した作品 
    http://lasksnow.blog53.fc2.com/blog-entry-6.html 『竜の本 / A Book of Dragons』
    http://lasksnow.blog53.fc2.com/blog-entry-67.html 『りゅう』

 比較的有名な作品ですので内容は省きます。先ほどリンクを張りましたが、偕成社の書籍紹介ページで内容を書いてあります。3年も前に書いた記事なので、お見苦しいところがあるとは思いますが気になる方は、ネタバレしていいという方はどうぞ。

 私の手元にあるもの以外にもこの作品は存在します。これだけ読み継がれている書籍というのは本当にすごいものです。是非読んでいただきたい1冊です。






***





管理人就職活動中の為殆ど更新できません。今回も簡単な紹介しかできず…。
時間ができ次第少しずつ更新していきたいと思います。
ラスク様、こんばんはでございます♪
大変お忙しい中の更新お疲れ様です。

この作品、なんとこんなにも沢山の出版社さんから
出版されていたのですね♪
有名な作品になるとこれは珍しく無い事なのでしょうか。
何れにしましても、表紙イラストがこの上なく素敵すぎる気がします(笑)
龍さんのクレイジーなまでもの素敵さもさる事ながら
少年の表情も個人的に好きです(笑)

現在就活中との事で、とても大切な時期である中、更新本当にお疲れ様でした。
自分が言うのは無礼に当たるかもしれませんが、就活頑張って下さいませです♪
影ながらも市内から応援させて頂いております。
それでは短文ながらも失礼しますです。
2009.02.19 Thu 04:19 URL [ Edit ]
ラスク
>クリスタル様

そろそろ更新しないと見てくれる人がいなくなりそうだったので(汗)

この作者の本は他にも有名なものがあり、そちらも何度も出版されています。定番絵本ですね。
ここで紹介した3冊、どれも絵が全く違うのでいいですね。集英社のは非常に現代的で同じ作品なのに違った雰囲気で読むこともできますし、何度読んでも素敵な作品です。

市内からの応援ありがとうございます。
ドラゴンパワーで頑張ります♪
これからも超スローペース更新で頑張りますのでよろしくお願い致します!
2009.02.20 Fri 23:47 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/180-d237c7d2
Template by まるぼろらいと