龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.27 Mon
 
            ドラゴン・ノート

 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「ドラゴン・ノート」

 著:田中良枝

 出版:春秋社
 ISBN:978-4-393-43512-0

 価格:1600円+税
 初版第1刷:2008年6月20日

 『カウンセリング、セラピーのプロフェッショナルがその極意を伝える、注目の“自己啓発ファンタジー”   この秘密のノートを開けば、願いはきっと叶う!』(本書帯より引用)

 『「みんな、運がよくなれる。ただ、そのためのいろいろな法則や過程を知らないだけじゃ。あるいは知ったとしても、途中で諦めてしまう人が多いということもある」 「その、運がよくなれる方法って?」 「それは、自分のドラゴンを探すことじゃよ」 「ドラゴンなんて、どうやって?」 「さて、どういう方法じゃったかの?」』(本書帯より引用)

 『この物語の中には自分のリズムを整え、コンディションをよくする方法と、どうすれば運がよくなり、願いごとを叶えられるか、についてのヒントをたくさん隠しておきました。魔法使いは、どのヒントが誰の役に立つかはその人しだい、と言っています。楽しんで探してみてください。…………著者より』(カバー折込部分より引用)

 目次:

 ・プロローグ
 ・たまたまの魔法 ―― 扉の前で
 ・エンター・ザ・ドラゴン ―― 第1の扉
 ・魔法使いの家 ―― まだまだ、第1の扉
 ・枯れ井戸猫救出事件 ―― ここまで、第1の扉
 ・黒く光るウロコ ―― 第2の扉
 ・熱い咆哮とともに現れた影 ―― 第3の扉
 ・黒闇のドラゴン ―― 第4の扉
 ・ホワイト・ドラゴンの教え ―― 第5の扉
 ・天空を翔る一人と一匹 ――第6の扉
 ・忘れていた願いごとは故郷に ―― 第7の扉
 ・光の国へ ―― 第8の扉
 ・すべては「あるがまま」だった ―― 第9の扉
 ・そして、ドラゴン・ライダーは虹色の空へ ―― 第10の扉
 ・あとがき
 ・ノートをご使用になる前に




 多分今まで紹介したことのないジャンルでしょう。ドラゴンの登場する自己啓発書です。ジャンル分けは物語にさせていただきました。

 物語は故郷から離れた街で仕事を探す青年ピッポが主人公。ある日ピッポは昔の友人マリオに出会います。マリオは仕事で成功をおさめ、格好も素敵、まさに輝いていました。それに比べピッポは…。しかしマリオは運がよかっただけといいます。「たまたまの魔法がかかった」というのです。

 そんな運のないピッポは、マリオの紹介を経てイシスおばばという人のもとに弟子入りすることになります。ピッポはそこでドラゴンを探す方法を学ぶのです。

 といっても、ドラゴンなんて架空の存在。イシスおばばの言うドラゴンとは。マリオを成功に導いたたまたまの魔法とは。ピッポはイシスおばばのもとで様々な経験を重ねていきます。その先に待っているものは…。

 自己啓発書ですので、内容を全部書いてしまってはどうしようもないのでこのあたりで。

 このジャンルは興味をもたないと手を出さない分野の一つかと思います。個人的には好きなのでいくつか読んだことありますが、なかなかおもしろいですよ。

 細かい内容は書きませんが、このブログで紹介するのですから、登場します。しっかり登場します。ドラゴン・ノートというノートだし、ドラゴンを探すことが重要だし、目次にあるようにドラゴン・ライダーも出てくるので、かなりしっかり出てきます。

 自己啓発書なんて読んだことない、という人でも、このような物語形式のものですと小説を読む感覚ですので、読みやすいのではないかと思います。

 自己啓発書は自分の気持ちを整理したり、自分自身を見返したり、普段考えないようなことも色々と考えさせられます。ドラゴンを探しながら、自分と向き合ってみてはいかがでしょうか。自分と向き合うと言っても、難しいものではありません。スラスラ読めるのが物語形式の強みですから。読んでいると自然と自分のことを考えてしまいます。

 ドラゴンを探すにはどうすればよいか、ドラゴン・ライダーになるにはどうすればよいのか、そもそもドラゴンとはなんなのか。ピッポの成長を通して、皆さんの心も成長していくことでしょう。今までこのジャンルを読んだことがなかった人にもお勧めです。

 …私事ですが、就職活動やっるときって、何かと「自己分析」っていわれますよね。自己分析って無理やりやるより、こういう本を読んで流れにそって書きだしたり考えたりする方が素直にできると思います。難しく考え過ぎると、自分の悪いところばかり考えてしまいますが、このような書籍を利用して考えてみると、意外と良いところも悪いところも、すっきり出てくるかと思います。そして、今後どうするのが良いかもわかると思います。




 ~ドラゴン総合出版社~
 
 ドラゴンライター米村貴裕さんの新作2冊です。上のバナー先で立ち読み可能です。

 ※新作タイトル一覧
 ・『ウルティメイト・ビースト』 ISBN : 978-4-903970-25-7
 ・『レシピエント・ビースト』  ISBN : 978-4-903970-24-0 
 
しおん
こんにちは。
ドラゴン関係でこんな本が出るとは、面白いですね!
私も先日、原宿でドラゴンを見つけましたよ。可愛いぬいぐるみで、即購入でした♪
URLに、それを買ったときの日記へリンクを貼って置きますので、よろしかったらご覧になってみてください。
2009.04.30 Thu 07:37 URL [ Edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.04.30 Thu 07:40 [ Edit ]
ラスク様、こんばんはでございます♪

何とこんなにもドラい(ドラい?)自己啓発書が
存在していたとは全然知りませんでしたです!!
馴染み無いジャンルの為、手に取る事が無かったのですが
ドラゴンさんとファンタジーしながら読めるとは、これはまたとない
このジャンルに触れる切っ掛けです!♪(満面の笑みで蹴)

自分の力だけで自己啓発に努めても
それは飽くまで自分の常識内に止まりそうですし、
時に本の力を借りて、テーマを無理に意識しないように
読み進めていけば新たな観点や思考を自然と見出して
それが後々生かされてきそうですね♪
その「後々」の示すものがこの本を切っ掛けに得た
人生の転機でしたら一つのエッセイが完成しそうです(笑)
そのエッセイが大ベストセラーを得て成金へと(顔面キック)

腹ブラックな妄想はさておきまして
反応遅&場違いの返信で申し訳ありませんが、
我々の自治体での給付金は、今月20日以降に案内文書が届き、
早くて28日から振り込まれるそうです。
自分も龍本に使いたかったのですが、自分以外皆
贅沢にも回らないお寿司派に(笑)
ぁ、お買い上げありがとうございますです♪(蹴)
4月25日からツ●モ電機さんでもヤマポが使える様になt(強制終了)

ではでは長文失礼しましたです~。
2009.05.02 Sat 03:18 URL [ Edit ]
レオ
こんにちは、ドラゴンノートの写真を見てドラゴン学みたいな感じの内容かなと思いましたが、記事を見てみると、小説系みたいですね。

そういえばこの本とは関係無い事ですが、今月の15日に映画サラマンダーが放送しますね。ワイバーンが沢山出てなかなか良かったので映画見に行ってDVDも買いましたが、楽しみですね。
2009.05.02 Sat 09:22 URL [ Edit ]
ラスク
>しおん様
コメントありがとうございます。
返信が遅くなってしまい申し訳ありません…(汗)
まぁ変な話、ドラゴンじゃなくてペガサスでもいいといえばいいのかも知れませんが、ドラゴンはやはり幻想世界の王様です♪
ぬいぐるみ可愛いですね!私の街にはそういうのを売ってる場所がないような…私が普段行かないようなお店にはあるのかもしれませんが。
またドラゴンのぬいぐるみを見つけたら教えてください♪

>クリスタル様
こんにちは、コメントありがとうございます。
毎度毎度、返信が遅れまくってごめんなさい…。

そうです、ファンタジーしながら読めちゃうのです♪
最近、自己啓発書でも物語形式のものが増えてきましたから、これからもこんな本が増えると面白いですよね。
自己啓発って方法もいろいろだし、効果もいろいろ…。でも、本自体、読まないより読んだ方がなんらかの影響がありますから♪
ドラゴンさんと一緒にファンタジーできるなんて素敵です…。
給付金、我らの街が最後らしいですね。…何に使いましょうか。

>レオ様
こんにちは、書き込みありがとうございます。
そうですね、中身は完全に小説型自己啓発書です。
ドラゴン学シリーズ、結局日本ではこれ以上でないようですね。期待してたのですが…。
さらまんだーという映画は知りませんでした。録画したのですが、まだ見ていません…こんど見ます!
2009.05.20 Wed 11:35 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/182-b1fb2a63
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。