龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.13 Thu
 
            日本の図像 神獣霊獣

 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「日本の図像~神獣霊獣~」 Mythical Beasts of Japan From Evil Creatures to Sacred Beings

 出版:ピエ・ブックス
 ISBN:978-4-89444-788-2

 価格:3800円+税
 初版:2009年7月7日

 「日本人が畏れ、敬い、培ってきた「この世ならぬもの」たちえのユニークな感性」(本書帯より引用)

 「時空を超える絵師の競演 麒麟・鳳凰から百鬼夜行まで個性あふれるビジュアルを一堂に収集」(本書帯より引用)

 「人語を解し森羅万象に精通する白澤、よき為政者の出現する治世に姿を現す鳳凰――古くから人々に描かれてきた不思議な生き物たち  唐獅子/麒麟/鳳凰/龍/獏/犀/白澤/迦陵頻伽/天狗/大蛇/風神雷神/護法童子/お狐様/神虫/付喪神/物怪/酒呑童子/河童/化け猫など」(本書帯より引用)

 収録作品:(本書帯掲載分)

 ・「唐獅子図屏風」  狩野常信
 ・「飛禽走獣図」  狩野探幽
 ・重文「杉戸図」  俵屋宗達
 ・「稲荷曼荼羅図」
 ・「釈迦三尊図」  伊藤若沖
 ・重文「唐獅子図」  曾我蕭白(朝田寺)
 ・「麒麟図」  沈南頻
 ・「白象黒牛図屏風」  長沢芦雪
 ・「騎龍辨天図」  橋本雅邦
 ・重文「群仙図屏風」  曾我蕭白
 ・「龍虎図」  長谷川等伯
 ・重美「桐鳳凰図屏風」
 ・国宝「春日鹿曼荼羅」
 ・国宝「信貴山縁起絵巻」
 ・重文「風神雷神図屏風」  尾形光琳
 ・重文「桑実寺縁起」
 ・国宝「避邪絵」
 ・奈良絵本「是害坊」
 ・「玉藻前草子絵巻貼込屏風」
 ・重文「土蜘蛛草子」  伝土佐長隆
 ・「小栗判官物語絵巻」  岩佐又兵衛
 ・重文「道成寺縁起」
 ・「稲亭物怪図説」
 ・「付喪神図」  伊藤若沖
 ・ほか

 目次:

 ・はじめに
 ●図版
 ・神の使いとしての獣
 ・鬼神・あやかし
 ●エッセイ
 ・日本美術の想像力 狩野博幸
 ・妖怪文化の広がり 湯本豪一
 ●解説
 ・空想上の動物
 ・図版解説
 ・画家略伝
 ・写真・資料協力





 ピエ・ブックスの「日本の図像」シリーズの現時点(09.8.13)での最新刊です。

 まだ紹介してないのですが、以前出版されたもので「日本の図像~鳥獣虫魚~」(ISBN:978-4-89444-708-0)というものがあります。実はこれにも龍が掲載されているのですが、実在する動物がメインで龍や獅子はわずかです。(後日紹介します)

 今回紹介するものは、タイトル通り「神獣霊獣」ですので、幻獣が数多く掲載されています。また、後半には妖怪も掲載されています。

 歴史的に価値のある絵がオールカラーで掲載されています。画集ではよく画家の画集などはありますが、本書はテーマで作品を集めているので、時代、作者問わず、日本の素晴らしい絵を見ることができます。

 絵や画家の解説は最後のページに分かれて書かれているので、絵が掲載されているページは絵と名前だけ。1ページ端から端まで絵です。

 最後に掲載されている解説も、各幻獣解説がありますし、掲載されている絵についても、簡単な解説と、収められている場所も明記されています。

 少々お値段は高いですが、ボリュームや質を考えると決して損はしない素晴らしい書籍だと思います。神獣・霊獣に興味がある方は是非ご覧ください。
 
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/192-5c2cc40b
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。