龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
2009.08.13 Thu
 
            日本の図像 鳥獣虫魚

 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「日本の図像~鳥獣虫魚~」 Animal, Bird, Insect, Fish Traditional Patterns in Japanese Design

 出版:ピエ・ブックス

 価格:3800円+税
 初版:2008年8月20日

 「優美で 凛々しく 愛らしい 絵師の描いた動物のすがた」(本書帯より引用)

 「動物画の真髄 鳥・獣・虫・魚のグラフィックデザイン集」(本書帯より引用)

 「時代の画家が愛した動物たち  独自の存在感をそなえる「動物画」が描かれはじめたのは、円山派の絵師が活躍する江戸期の京都。猿をはじめ、鹿、狗、猫、栗鼠などが繰り返しモチーフに取り上げられた。本書では江戸時代の動物画wp中心に、多くの動物の図像を網羅し紹介する。」(本書帯より引用)

 掲載作品:(本書帯紹介分)

 ・「群獣図屏風」  円山応挙
 ・「花鳥之図」  今尾景年
 ・「旭日鳳凰図」  伊藤若沖
 ・「鳳凰・鷲図」  狩野探幽
 ・「孔雀鸚鵡図」  滝和亭
 ・「群仙図屏風」  曾我蕭白
 ・「雨霽図」  竹内栖鳳
 ・「芦ニ雁図」  岸連山
 ・「鴛鴦図」  土田麦僊
 ・「鵞鳥」  森寛斎
 ・「双鳩」  小林古径
 ・「寒鳩寒雀」  速水御舟
 ・「白梅鶯・紅葉鹿図」  酒井抱一
 ・「小栗判官物語絵巻」  岩佐又兵衛
 ・「龍虎図」  岸駒
 ・「龍虎図屏風」  河鍋暁斎
 ・「水呑虎図」  森徹山
 ・「虎図」  岸竹堂
 ・「唐獅子図屏風」  狩野永徳
 ・「獅子」  榊原紫峰
 ・「馬」  西山翠嶂
 ・「手長猿図」  森狙仙
 ・「唐犬」  橋本関雪
 ・「熊図」  森位一鳳
 ・「雲ヶ畑の鹿」  冨田溪仙
 ・「秋野孤鹿」  木島桜谷
 ・「神鹿」  岡村宇太郎
 ・「猫鼠を覗う図」  柴田是真
 ・「黒き猫」  菱田春草
 ・「鼠図」  白井直賢
 ・「笹に兎図・蓮に川せみ図」  久隅守景
 ・「双駱駝図」  窪田雪鷹
 ・「海驢」  西村五雲
 ・「蝶ニ芍薬図」  鈴木其一
 ・「虫合戦図」  春木南溟
 ・「鯰図」  尾形乾山
 ・「鯉亀図」  葛飾北斎
 ・「群魚図」  幸野楳嶺
 ・「梅園禽譜」  毛利梅園
 ・「肘下選蠕」  森春渓
 ・「栗氏千虫譜」  栗本瑞見
 ・「水族四帖」  奥倉魚仙
 ・「魚譜」  栗本丹洲
 ・ほか

 目次:

 ●図版
 ・鳥
 ・獣
 ・虫
 ・魚
 ●解説
 ・はじめに
 ・序  榊原吉郎
 ・鳥  榊原吉郎
 ・獣  榊原吉郎
 ・虫  榊原吉郎
 ・魚  榊原吉郎

 ・図版解説
 ・画家略伝
 ・写真・資料協力
 ・参考文献





 ピエ・ブックス「日本の図像」シリーズの動物編「鳥獣虫魚」。

 主に実在する動物が掲載されていますが、龍や獅子など、一部に幻獣を掲載されています。

 動物ごとに様々な画家の絵が掲載されています。

 同じ動物であっても、流派が違えば全く違う生き物のように描かれています。

 動物画に興味がある方にはとても楽しめる一冊です。江戸時代のものが多数ですが、明治など近代のものも掲載されています。

 また動物だけでなく、タイトルにあるように虫・魚の絵も数多く掲載されています。細部まで精密に描かれた絵から、擬人化された絵まで様々です。

 絵と解説は別のページで構成されています。前半は全て絵、最後に絵の説明、所在、サイズ、そして解説がまとめて掲載されています。また、画家の略伝も掲載されています。

 龍をはじめ、動物に興味のある方、江戸時代の絵に興味のある方は是非ご覧ください。オールカラーで大ボリュームの書籍です。
 
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/193-e625445f
Template by まるぼろらいと