龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.09 Mon
 
            ドラゴン・フライ!

 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「ドラゴン・フライ!」

 著:諸星 崇

 出版:朝日新聞出版 朝日ノベルズ
 ISBN:978-4-02-273935-3

 価格:900円+税
 第1刷:2010年3月30日

 「君の歌が聞こえる限り、僕たちはどこまでも飛んでいける――」(本書帯より引用)

 「翼竜とともに生き、空の輸送にたずさわる人々――ディライヅ。その1人でまだまだ新米のリオルは、相棒のキャスパーとともに修行の日々を送っていた。ある日、リオルが成り行きで助けたカナンと名乗る少女は、翼竜を落ち着かせる不思議な歌声の持ち主だった。彼女に忍び寄る陰謀を知ったリオルは、カナンを救うために動き出す。爽快感溢れるジュブナイル・ファンタジー!」(本書カバー裏面より引用)

 「ドラゴンの背中に乗って、自由気ままに空を飛ぶ――。 ファンタジーのあこがれシチュエーションの中でも、つねに上位に食い込む名場面を、ありったけ詰め込んでみました。 半人前の竜乗り少年が、女の子のためにがんばって、少しずつ一人前になっていくところを、同じ空の上から覗いてみてください。(著者)」(本書カバー折込部より引用)

目次:

・登場人物紹介
・序章
・一章 空中都市のあらくれ男たち
・二章 新管理スケイル
・三章 いくつかの不協和音
・四章 空と竜の歌
・終章
・あとがき







 少年と幼竜が大活躍するノベルです。

 空に浮かぶ都市「アークラル」を舞台とし、人間と竜が共に暮らす世界を書いた本作品はファンタジーらしいというか、素直なファンタジーというか、「こんな世界っていいな」と思える世界です。いかにも主人公という一直線な少年リオルも、そんなファンタジーの世界だからこそ活躍できるのでしょうね。

 この作品の竜は人を乗せて飛ぶことはできますが、話をしたりはできません。人間と一緒に生活する生き物となっています。

 新米ディライヅのリオルがひょんなことからカナンという少女を助けます。しかしそれがきっかけでどんどん事件が起き始め、その事件はどんどん大きくなり、遂には都市崩壊の危機にまで発展してしまうのです。リオルと相棒キャスパーは力をあわせ、大空を飛びまわる素敵なファンタジー作品です。

 と、ここからはネタバレです。

 一応、この世界の竜の設定は人間と一緒に住む生き物となっているのですが、この作品には2人のヒロインが登場します。カナンというリオルと同じくらいの歳の少女と、もっと小さいメルという女の子です。作品後半、ヒロイン2人はなんと竜に変身します。古竜族という血筋で、人間と竜の2つの姿をとることができる種族ということになっています。その他にも超巨大な竜も登場したりと、タイトル騙しでないドラゴン小説となっています。

 海外ものですと結構ドラゴンファンタジーは多いですが、日本物も素敵ですね。読んでてワクワクする楽しい作品となっています。ファンタジー小説好きの方は是非一度読んでみてください。
 
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/213-b54e99d8
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。