龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
2010.10.04 Mon
 
            新装ウィズドラゴン3

 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「ウィズ・ドラゴン 3 ~リンと竜のきずな~」 ポプラ カラフル文庫 や 01-03

 著:藤澤 さなえ
 原案:安田 均

 出版:ポプラ社
 ISBN:978-4-591-11700-2

 価格:790円+税
 初版:2010年8月 

 「オンラインゲームの世界、そして、ドラゴンの世界でも異変が起きていた!? 突然、原因不明の病気が蔓延しはじめていたのだ。そのことを教えてくれたのは、ゲーム『ウィー・D』の参加者でPKK(プレイヤー・キラー・キラー)のMAY(メイ)だった。ゲームだけではなくドラゴン世界の情報をも知る彼女はいったい何者なのか? そして、リンはMAYに背中を押され、初めて「冬」の《ドラゴンの世界》を訪れる……。冒険ファンタジーの第3弾が登場!」(本書カバー裏より引用)

 目次:

 ・序章 白い竜
 ・第一章 病気の理由
 ・第二章 《人間の世界》へ
 ・第三章 はぐれ竜との戦い
 ・終章 《春》のおとずれ
 ・あとがき







 「ウィズ・ドラゴン」シリーズ最新作の第3巻です。今作からは藤澤さなえさんの著書になったようです。

 すごくどうでも良い事ですが、私の所有する書籍についていた帯に誤植がありました。ポプラ文庫の「や01-03」が正解なのですが、「み01-03」となっています。といっても帯はチラシのようなものですから、すぐに変わる場合もあるのでどうってことないですが…(笑)


 今回は、オンラインゲーム上で「ドラゴンが腐る」現象が発生し、ドラゴンの世界では原因不明の病気が大流行…。冬のドラゴンの世界に飛び込み、オブシディアンと共に原因を探るリンや来訪者たち。遂にわかった意外な原因と忍び寄るはぐれ竜「ブラッグヘッド」の影。

 今回はリンとオブシディアンのきずなが試され、父親に向かい合う勇気を試され、さらにMAYの正体、そしてブラックヘッドの脅威…前作以上にハラハラドキドキの冒険が繰り広げられます。

 人間の世界とドラゴンの世界を行き来して成長するリンの姿を目にすれば、あなたもきっと大切なことに気付かされると思います。「人間の世界とドラゴンの世界はつながっている」という本書の内容の通り、リンがドラゴンの世界で感じて学んだことは、きっと読者にもなにか大切な思いを与えることでしょう。

 …という訳で、児童小説ではありますが、大人だってたまにはそんなピュアでストレートな感情を与えてくれる本を読むのは良い事だと勝手に思います。ですから、是非手に取って読んでみてくださいね。

 ウィズ・ドラゴンシリーズには本当に多くのドラゴンが登場します。きっと、あなた好みのドラゴンが…会って、話して、友達になりたいようなドラゴンが見つかると思います。是非是非、読んでみてくださいね!










…今回は続編については触れられていなかったので、第4弾が出るかはわかりません。
小説版レジェンズのように物語の途中で打ち切りというのは非常に悲しいので、今作のように6年越しでも続きが読めたことは本当に嬉しいですね。
リンとオブシディアンの活躍はまだまだ見たいと思いますし、国産のドラゴンファンタジーはこれからも続いてほしいな…と思ってしまいます。やはりドラゴンものは海外が強いですから(笑)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.07.12 Tue 22:45 [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/216-48f2a17f
Template by まるぼろらいと