龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.04.20 Mon
 
            山をはこんだ九ひきの竜

画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 
『山をはこんだ九ひきの竜』

文:松谷みよ子
絵:司修

出版:佼成出版社 朝鮮の民話絵本シリーズ
ISBN:978-4-333-02252-6

価格:1300円+税
第1刷:2007年4月30日
第2刷:2009年3月20日

「いたずら大好きな九ひきの竜が、山をちょんぎっては、エッサホイサと山をはこんでいく、その楽しさ。いきなり山が出現して、人間界は大さわぎ。水くみ女のひとことで、石になるのもおかしい。 日本にも、やたら大きくなる山に、農婦がふんと笑ったら、石になった話があります。国がちがっても、お話のおもしろさって、いっしょなんですね。松谷みよ子」(本書カバー折込部より引用)




天に棲むいたずらが大好きな九匹の竜たちが思いついたのが、「山をちょん切って運んでしまおう」という大胆ないたずら。
一度成功すると、またやりたくなるのは誰でも同じですね。うまいこといったいたずらに竜たちは楽しさを覚え、山運びを繰り返します。しかし、あるとき…。
いたずらするときのこの上ない楽しさと、他人から指摘されたときの楽しさが一気に冷める瞬間、どちらも面白おかしく織り込まれたお話です。
見かけましたら是非ご一読を。

こちらの絵本も、出版社では3~4歳向けに分類されております。
 
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/241-e6b70425
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。