龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
2015.04.24 Fri
 
            Smaug: Unleashing the Dragon

画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 
『Smaug: Unleashing the Dragon』 (The Hobbit: The Desolation of Smaug)

Benedict Cumberbatch
Daniel Falconer
Weta Workshop

出版:HarperCollins Publishers Ltd
ISBN:978-0-00-752578-2

価格:UK£12.99   CAN$ 21.99
初版:2014年4月3日

目次:
・Forword
・WETA WORKSHOP
・CONCEPT ART DIRECTORS
・Conceptualizing a Dragon
・A Design Lead Emerges
・Six Limbs or Four?
・WETA DIGITAL
・MODELS
・Anatomy of a Dragon
・The Glare of the Dragon
・Clawing at the Sky
・TEXTURES
・Scale by Scale
・Like No Other Dragon
・Scales of Red and Gold
・My Scales are Armour
・SHADERS
・Snarls and Smirks
・CREATURES
・A Voice Like Thunder
・ADR
・Inhabiting the Beast
・Pulling a Dragon's Strings
・ANIMATION
・A Dragon's Hoard
・LIGHTING
・Lit By Gold and Flame
・The Scrape of Claw on Stone
・SOUND DESIGN
・A Furnace of Flesh
・Dragon-Fire
・EFECTS
・Fighting Fire with Fire
・PREVIS
・The Mountain King's Return
・Contributor Credits

「Come face to face with Smaug the Magnificent, the most realistic, breathtaking and destructive dragon ever to appear on screen, in this gallery of exclusive images that tell the story of how he was created. Smaug is one of the most memorable characters in JRR Tolkien's The Hobbit: a huge, malevolent, fire-breathing, talking dragon! But while he makes quite an impact in the book, in Peter Jackson's film adaptation he is definitely the most spectacular creature ever to appear on screen. So how did the filmmakers manage to take the dragon that has lived in millions of readers' imaginations and turn him into a totally unique and unforgettable living, breathing character? The answer can be found in Smaug: Unleashing the Dragon. Packed with stunning, exclusive new images, it reveals how he grew out of thousands of detailed and fantastical concept designs into the beast that is unleashed in awesome digital glory. Compiled by the Academy-Award-winning teams at Weta Digital and Weta Workshop, who provide fascinating insights telling the story of the dragon's creation, and featuring an exclusive foreword by Benedict Cumberbatch, this is the perfect companion for every fan who was blown away by Smaug, the Magnificent! 」(Amazon.co.jpより引用)







書籍になるのですが、一応映画関連本なのでジャンルを映画に分類しました。

英語が大の苦手なのでアマゾンさんの文章を借用させていただきました。内容は…同じく英語がわからないのでなんとも言えません。申し訳ない。

日本でも「指輪物語」「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビットの冒険」などの名前で有名なトールキンの作品。
その中で日本でも映画公開された「ホビット 竜に奪われた王国」のメインともいえるドラゴン「スマウグ」の本です。

製作途中のスマウグや、公開されたスマウグのたくさんのカットをみることができますので、文章が読めなくて楽しめます。
(もちろん、英語が読める方はもっと楽しめるはずですよ。)

スマウグは西洋竜のイメージ通りのキャラクターで、宝石をガッツリ奪うし、凶暴だし、そして凶悪。いかにも西洋竜らしい姿で個人的にとても好きなドラゴンです。映画では表情豊かなスマウグがたくさん見れますが、この本があればいつでもその素敵な顔を手軽に眺めることができますよ。
(私はPCの壁紙をこの映画のスマウグどアップ画像にしているので、毎日見てはいるのですが…やはりこの本があるともっと色々な顔を見ることができてたまりません。)

…スマウグの「I am death」とかもう名言ですよね。中二病と言ってしまうとスマウグに失礼ですが、でも中二病っぽくて好きです。俺は悪なんだぜっていう感じで。(本当に悪なんだけれども)

そんな訳で、個人的にスマウグが大好きなものでこの本はお気に入りなのですが、ドラゴン好きにはたまらないであろう「ほぼ実写ドラゴン写真集」となっておりますので、お勧めいたします。
 
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/246-a741854f
Template by まるぼろらいと