龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.04.29 Wed
 
            ナーガス1

画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 
『輝竜戦鬼ナーガス 1』

作:増田晴彦

出版:エニックス ガンガンコミックス
ISBN:4-87025-005-5
雑誌コード:48110-06

価格:388円+税
初版:1991年11月20日

目次:
1 ナーガス伝説
2 輝竜戦鬼出現
3 地魔神ドリワーム
4 炎の暴走
5 風魔神ボレアース




            ナーガス2

『輝竜戦鬼ナーガス 2』
ISBN:4-87025-013-6
雑誌コード:48110-14
価格:388円+税
初版:1992年4月22日
目次:
6 風威・墜砕渦動流
7 発現!!炎竜焼牙
8 富士五湖の秘密
9 地魔神」クザン
10 激戦!竜ヶ岳




            ナーガス3

『輝竜戦鬼ナーガス 3』
ISBN:4-87025-027-6
雑誌コード:48110-28
価格:388円+税
初版:1992年9月22日
目次:
11 炎魔神グライマー
12 竜の湖
13 炸裂!水竜斬刃
14 新しい旅立ち
15 宿敵!その名はギレウス




            ナーガス4

『輝竜戦鬼ナーガス 4』
ISBN:4-87025-036-5
雑誌コード:48110-37
価格:388円+税
初版:1993年1月22日
目次:
16 裁きの雷
17 地魔神ゴウライ
18 “暗黒の炎”ギレウス
19 宿命の戦鬼達
20 魔精界の風




            ナーガス5

『輝竜戦鬼ナーガス 5』
ISBN:4-87025-046-2
雑誌コード:48110-47
価格:388円+税
初版:1993年6月22日
目次:
21 魔の樹城
22 樹根の門番
23 夢の誘惑
24 夢の陥穽
25 夢の崩壊




            ナーガス6
『輝竜戦鬼ナーガス 6』
ISBN:4-87025-066-7
雑誌コード:48110-67
価格:388円+税
初版:1994年1月22日
目次:
26 炎の回廊
27 強行突破!
28 ウザテースの呪い
29 決意
30 ウエウエテオトルVS水界反抗軍




            ナーガス7

『輝竜戦鬼ナーガス 7』
ISBN:4-87025-081-0
雑誌コード:48110-82
価格:388円+税
初版:1994年5月22日
目次:
31 復活のグライマー
32 ラーザニル散る!!
33 猛威!“原初の火”
34 ウエウエテオトルの最期
35 狙われた沙智




            ナーガス8

『輝竜戦鬼ナーガス 8』
ISBN:4-87025-094-2
雑誌コード:48110-95
価格:388円+税
初版:1994年10月22日
目次:
36 襲来!“黒い炎”
37 決戦!ナーガスVS.ギレウス
38 ギレウス太平洋に散る
39 “大いなる力”への道




            ナーガス9

『輝竜戦鬼ナーガス 9』
ISBN:4-87025-102-7
雑誌コード:48111-04
価格:388円+税
初版:1995年1月22日
目次:
40 “大いなる力”
41 決戦!ヴァグーラ城
42 最後の戦い






1990年代前半に出版された漫画です。

以前紹介した『サーガ・オブ・ドラゴン』と同じ、増田晴彦さんの作品です。
主人公が竜人に変身して大活躍します。結構グロテスクな描写も多い作品です。(切断されても復活するから凄く強い!)
主人公ナーガスの格好よさはもちろんのこと、敵キャラのモンスターもまたカッコイイ。モンスター好きならどれも興奮すること間違いなし!(と個人的に思います。)

元々もっと長い作品にする予定だったものを、連載媒体の問題で短くしたそうです。そのため、後半のスピード感が半端なかったり(強敵をバンバン倒すって意味では、これはこれで面白いです)、伏線が残ったまま回収されていなかったりもしますが、メインのお話はしっかり最後まで楽しめます。

竜人に変身できるなんて素敵ですね。しかも凄く強くてカッコイイなんてたまらないです。(こんな戦いに巻き込まれるのは御免ですが…)
モンスター好きの方や、変身して戦うものに興味がある方などにはとても楽しめる作品だと思います。
グロテスク表現に関しては人それぞれだと思いますのでお任せします(私個人としては大歓迎なのですが…)が、リョナ表現が好きな方がもしいましたらとってもおすすめですよ。と言いますか、おすすめシーンばかりです。是非読んでみてください。

また、当時の読者はがき紹介コーナーなどが巻末についていたのですが、結構敵キャラ人気が高かったようです。
主人公以外もとても魅力的に描かれている作品ということだと思います。きっとお気に入りの登場人物が見つかるはずです。(私は脇役だけれどもサルマリュートが好き…)

作者が考えていた長編となっていればかなりの大作になっていたと思う作品です。そこが本当に残念。

古本でセット販売されていますので、興味がありましたらぜひ読んでみてください。
ただ、古い書籍ですので状態のいいものを探すのは大変かもしれません。



最後に、同じく増田晴彦さんの作品を紹介しておきます。
ドラゴン扱いと言いにくかったので単独で紹介しておりませんでしたので、ここで一緒に紹介してしまいます。




            モンスターロード

『超新世 モンスターロード』

ISBN:4-87025-103-5
雑誌コード:48111-05

価格:437円+税
初版:1995年1月22日

目次:
1 勇者斃れる
2 ダイダン
3 バベスペイア
4 バベスペイアVSダイダン
5 遺跡
6 ギャジャ
7 ベスレメールの伝説
8 潜入
9 ベスレメールの決戦


これは完全にモンスターのお話です。
ただ、人間も出てきます。どうやら人間の文明の崩壊後に栄えたモンスターたちの世界が舞台となっているようです。

主人公はドラゴンではないです。(表紙の一番手前のが主人公)
そのままの蛇の身体に手足と骨のような翼を付けたドラゴンや、ドラゴンというか怪獣というか…そんな二足歩行のモンスターもメインで登場します。メインの敵キャラはちょっと面長の竜人みたいな感じ。とにかくモンスターだらけ。
残念なことに、こちらは完結していないのですが、続編はでておりません。
ただ、とりあえずこの一冊でキリのいいところまで読めますので、増田さんの作風が好きな方などにはおすすめです。
それと、開始10ページくらいで主人公の父親(もちろんモンスター)が敵に両腕切断からの縦真っ二つで倒されます。その他もちろん血なまぐさいバトルが繰り広げられますので、リョナ好きな方は是非ともご一読を。

こちらはナーガスやサーガオブドラゴンよりも前の作品とのことです。
今回写真を載せたものは95年のエニックス版(復刊版)ですが、もともとは89年に角川のドラゴンコミックスより出ているようです。表紙や内容の差違についてはわかりません。

こちらも面白いですので、一緒に探してみるといいかもしれません。
 
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/249-bd77003d
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。