龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.05.01 Fri
 
            ヤンメイズとりゅう

画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 
『ヤンメイズとりゅう』

再話:松居直 関野喜久子
絵:譚小勇

出版:福音館書店 世界傑作絵本シリーズ・中国の絵本
ISBN:978-4-8340-0245-4

価格:1300円+税
発行:1994年6月25日
第4刷:2013年4月1日






一時期絶版になっていた(重版未定だったのかな?)と思っていましたが、ISBNコードの変更もなく、第4刷として復刊した作品です。

中国の昔話ですが、悪者の龍と対決する話です。
龍は性格が悪く、もう悪さをしないと言っておきながら、最後に主人公のヤンメイズに襲い掛かるという悪者っぷり。
そして最後は主人公のお姉さんの言葉に従い、龍を殺します。悪いことをしたら徹底的に打ちのめすという、情けがないような話ですが、当たり前のことでもあります。

この絵本の見どころは何といってもこの絵でしょう。表紙の龍もとても力強くかっこいいですね。
どのページの龍をみても、その力強さに惹かれてしまいます。

ちなみに、ヤンメイズというのは漢字で楊梅子と書き、ヤマモモの子になります。
主人公はヤマモモから生まれるので、中国版桃太郎のような存在ですね。

個人的な話ですが、ずっと読みたかった絵本でしたが絶版となっており読むことができませんでした。
大阪へ旅行した際に立ち寄った「国立民族博物館」の図書室でこの本を見つけ読むことができました。
それ以降この本はノーマークだったのですが、気が付くといつの間にか新品がネットで買える状態に…。
復刊して新品が買えるのは本当にうれしいですね。

それと…この悪い龍、主人公のお姉さんをさらっていくのですが、食べてしまうのではなく、結婚しろと脅しています。ん~…私だったら即OKしてしまうカモ。(こんな話は本当にどうでもいいですね…)



話しが飛んでしまいました。
この絵本は絵が本当に素敵です。そして待望の復刊を遂げた作品です。新品で買えるときに、是非手に取ってみてください。
 
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/253-e98f4bfb
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。