龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.05.22 Sun
 
            はじまりの竜とおわりの龍

画像をクリックすると拡大表示されます。
 
 
『はじまりの竜とおわりの龍』

作:海人井槙

出版:小学館
ISBN:978-4-09-187696-6

価格:694円+税
初版第1刷:2016年5月17日

「この世界では、龍と人が共生している。 龍は――人の胎から生まれ出でて、時に人と人との争いの種となり、それでも人に大切に育てられ、やがて、人々の救いとなる。  圧倒的想像力と驚異的画力を持つ 新星・海人井槙が紡ぎ出す、肺ファンタジー読み切り四作品収録。」(本書裏表紙より引用)

目次:
・竜と三人
・竜公
・鳥来たる
・雨ふらせ







小学館 ビッグコミックス スペシャル ヒバナ の漫画です。
作家さんの名前、海人井とかいて「あまい」と読むそうです。

龍のイラストに期待して買ったのですが、その点からいうと残念ながらあまり出てきません。
ですが、話のテーマは素敵ですね。龍を守る人たちや、彼らを導く「鳥」…という訳で、中国の少数民族の伝承を読んでいるような気分になります。
北の龍信仰と南の鳥信仰が元ネタのお話だと思います。
昔読んだ本で、龍と鳳凰の信仰についてわかりやすく書かれていた本がありましたので、合わせてどうぞ。
『龍の文明・太陽の文明』http://lasksnow.blog53.fc2.com/blog-entry-68.html
でも今調べてみたら、この新書、もう絶版っぽいですね。
 
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/271-2a2977a5
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。