龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
2006.03.30 Thu
 
            akihabaradracro


 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「秋葉原竜戦記(ドラゴンクロニクル)」我が竜を見よ外伝

 著者:海法紀光
 絵者:佐嶋真実

 出版:エンターブレイン ファミ通文庫
 ISBN:4-7577-2212-5

 価格:640円+税
 初版:2005年9月9日

 「極寒の秋葉原を竜が駆ける! 人気ゲーム『我が竜を見よ』外伝ストーリーが登場!!」

 「東京都千代田区を襲った零下150度の巨大な嵐。その原因である精霊に対抗できるのは、『ドラゴンピース』と呼ばれる竜使いたちだけだった。突然ドラゴンピースに徴用された織部透も、自らの竜とともに精霊との戦いに挑んでいく。大人気RPG『我が竜を見よ』の外伝がついに登場!ゲームプロデューサー桝田省治氏も『秋葉原に竜!?海法って只者じゃない(笑)と代絶賛!!』

 目次:第1章~第10章


 この小説はPS2ソフト「我が竜を見よ」の小説版です。と言ってもゲームとはだいぶ内容は変わります。

 著者の“海法紀光”について…横浜在住。アメコミとTRPGとSFをこよなく愛する、ライター/ゲーマー/翻訳家。「俺の屍を越えてゆけ」「呪われし姉弟の輪舞」「式神の城」シリーズ(以上ファミ通文庫)など、多数のノベライズを手がけている。

 イラストの“佐嶋真実”について…ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」のキャラクターデザインをはじめ、TCGや小説の挿し絵など、さまざまな分野で活躍するイラストレーター。

 本の内容は、世界各地で精霊による異常気象が起こる中、それに対抗すべくあつめられた「ドラゴンピース」に突然採用されてしまった主人公「織部透」を中心とした物語。舞台は氷漬けになった東京・秋葉原。ドラゴンピース達はドラゴンに乗り精霊を倒してゆく。そしてそれにより得られる「エネルギーキューブ」を集めることにより精霊災害を食い止めている。精霊に対抗できるのはドラゴンピースのみだったので、秋葉原では彼らの自治において生活していたのだが…という物語です。

 読んでから時間がたったのであまり正確な内容を思い出せず、内容紹介が中途半端になってしまいました。御免なさい。

 この物語で出てくるドラゴンは、ドラゴンと言うより外見は恐竜に近いかもしれません。特に主人公のドラゴン「ハヤブサ」は外見はほぼ恐竜でしょう。

 ここで登場するドラゴン達には「キー(鍵)」が付いています。ロボットなのか、と言われればそうなってしまうのかもしれませんが(キーがあるのだから)そういうわけでもないようです。うぅん、なんとも説明がしづらいです。…直接読んでもらえればわかります!

 ゲームソフトの方をやったことが無い人でもちゃんと読めます。私もゲームのほうはやったことがありません。

 ゲーム好きの方は読んでみてはいかがですか。


 …管理人はゲームの方を持っていません。実は、複数の友人から「あのゲームは絶対買うな!!」と迫られたのです(汗)どうやら、ゲームの評判はあまり良くないようです。ただ、これは友人の感想なので感じ方は人それぞれだと思います。ただ、そこまで迫られた上に、常に金欠の私にはすぐには手を出せませんでした。そして中古で安くなるのを待つばかり…

 でも、実は私はゲームが苦手なのです。どれをやっても続かない。特にRPGはクリアすることなど、宝くじの3億円に当たるくらいの確率でしかないでしょう。(要するに、クリアできないということです)クリアできるのはレースゲームくらいです…。

 ドラゴンが出てくるゲームも持ってはいますが、どれもクリア出来ずじまい…(「ドラゴンドライブ・タクティクスブレイク」「ドラッグ・オン・ドラグーン」「獣王記(PS2)」)いつかクリアしたら記事Upしようかな、と考えていたら未だに一度もゲームソフトの記事をUp出来ていないのが現状です。ただのゲーム音痴です…
米村貴裕
私もゲームはクリアしたりしなかったりの半々です。「ドラカン」なんて良かったのですが…頓挫。(アクションゲーム苦手です)
http://www.imagineer.co.jp/pc/products/drakan/index.html
主人公が女性という以外、モロドラゴンハートです。アクションゲームですがドラゴンが渋い声で喋る喋る。
その他「パンツァードラグーン」はそれをやりたいがためにセガサターンを買ったりしました。2のキャンプモードがよかったかなと。
その他、お勧めは(これも古いなぁ)
「サンサーラナーガ2」です。1はダメ。
次世代機では古いゲームも楽しめるらしいのでぜひ(エミュレータをお持ちなら…)
一時はこんなゲームまで作って真剣に販売しようかと思ってました。自作竜ゲーです。
http://www.inazuma.jp/game/
2006.03.30 Thu 23:15 URL [ Edit ]
ラスク
米村さんもアクションゲーム苦手ですか!
「ドラカン」…見ためはなんだかドラッグ・オン・ドラグーンのようですね。やはり探すと出てきますね、ドラゴンゲーム!
「パンツァードラグーン」って、何種類かあるんですよね?私はX-BOXのパンツァードラグーンオルタしか見たことはありません。米村さんはゲーム本体を買ってしまいましたか!!私は金欠(!)なので、パンツァードラグーンオルタの小説を買いました。あとは、よくゲームの攻略本を買って我慢する事があります…
「サンサーラナーガ」…たしかGBAで「サンサーラナーガ1×2」というのが1~2ヶ月前に発売されたはずです。…どうも私が持っているゲーム機のバージョンは出ない!!(PS2と64しか持っていないのですが…)
私が楽器にかけるお金をなくせばゲーム機が買えるのですが…高校時代に楽器に注ぎ込んだお金は総額10万は越えるでしょう…小遣いとお年玉を駆使していましたから(苦笑)…服にも遊びにもお金を全くかけず、龍と楽器にだけ使っているのです!これからはちゃんとお金の管理をしないといけませんね…
2006.03.31 Fri 00:10 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/32-703de6a8
Template by まるぼろらいと