龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
2006.04.19 Wed
 
            ysasiicgenngo


 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 知識ゼロからスタート!「やさしいC++」~まずは「C言語」からはじめよう!!~

 著者:米村貴裕

 出版:工学社
 ISBN:4-7775-1209-6

 価格:1900円+税
 初版:平成18(2006)年4月20日

 「マンガのようにスラスラ読める!」

 「基本を知らなければ、専門的な本を買っても無駄。そこで本書の出番です!『プロ』も最初は試した『はじめの一歩』が書かれています。さらに!マンガのようにスラスラと読破できます。」

 「本書では機能の羅列でなく、ゲームやソフト作りのノウハウを取り込んでいます。」

 「まずは『C言語』から学びましょう!『C++言語』は『C言語』を強化したプログラミング言語です。大雑把に言えば『C言語+α』なので、『C++言語』を使ったプログラミングでは、基礎となっている『C言語』の知識をほぼそのまま生かすことができます。また、本書で扱っている内容は、ほとんどが『C言語』と『C++言語』の両方でそのまま通用します。」

 「すぐに体験できるように、付録CD-ROMには必要なソフト一式が入っています。」

 「『C/C++言語』を、初心者向けにイラスト入りでやさしく解説。ゲームやソフト作りのノウハウも満載。フリーC++コンパイラ、紙面連動サンプル・プログラム収録のCD-ROM付き。」

 「本書は、人気があり、かつ実用的な、Windows対応『C/C++言語』を、初心者でもスタートからつまずかないようにイラストでやさしく解説しています。 また、一気に解説することはせず、覚える項目ごとに細かく記事を分け、それぞれにタイトルを付けて、自分がいま何を学んでいるかを理解させるようにしています。 本書自体が小さな項目の集まりになっているので、自分にあったペースで少しずつ覚えてレベルアップしていけるような構成になっています。 付録のCD-ROMには、すぐに学習できるように、フリーの『C++コンパイラ』と本書に出てくる『サンプル・ソース』を収録しました。」

 目次:

 1.プログラムの物語
 2.初めの一歩
 3.最初の山場
 4.避けられない道
 5.なければ作る!
 6.必須!プロジェクトの概念
 7.ウインドウズ!(実践編)


 この本は先日発売されたばかりの「C++言語」の書籍です。

 「C言語」の知識が全く無い人でも始めることができます。付録CD-ROMには必要なソフトが全て入っています。

 著者はこのブログでは3作目の紹介となる“米村貴裕”さんです。―1974年、横浜生まれ。近畿大学大学院卒。2001年在学中にイナズマを起業。2003年、博士(工学)号取得。現在、有限会社イナズマ取締役・大学非常勤講師兼務。ペーパークラフトやIT関連事業をこなしつつ、執筆活動を行う。趣味は鉱物収集、創作ファンタジーの投稿、熱帯果樹ガーデニング。http://www.inazuma.jp

 主な著書に「超カンタン!Acrobat Elements」「パソコンでつくるペーパークラフト」(以上、工学社)「やっぱりマスターしておこう!PowerPoint2002」「手取り・足取りメール・ホームページ超マスター講座」「一夜づけのWord2002」ほか17冊。(以上、明日香出版社)「ユウタとりゅうとケナフのタネ(ユニ出版)

 この本の特徴は「知識ゼロ」の人にでも始められるように「専門用語」がかなり少なくなっていることです。専門用語を出来るだけ解かりやすく説明してあります。また、付録のCD-ROMに必要なソフトは全て入っているので、本書さえあればすぐに「C言語」を学ぶ環境が整います。

 それに、イラストが多く漫画を読む感覚で学んで行けるので、安心して進めることが出来ます。

 また、各項目が細かく分かれているので「今学んでいること」が明確になるようになります。

 この本を最後まで学んでいくと…うれしい特典付き!それが何なのかは皆さんご自身の目で確かめてください。

 Amazon.co.jpに掲載されている著者からのコメントです。

 1ページに最低1つはイラスト、5ページに1つはギャグがある「超」C言語入門本です。これを超える本はないと断言!挑戦者求む!(どうかご購入を……)ソフト付きなのでお安いです。買ってすぐ学べます。龍と空も飛べますヨ(?)

 ○最大目標:途中でわからなくなってポイしない本!
 大学非常勤講師での技術を活かしC言語の泣き所をスーパー解説しました!

 …との事です。本当にイラストが豊富で、文章が難解でないので誰にでも楽しく学べます。また、目標に「途中でわからなくなってポイしない本!」と書いてあるだけあり、沢山の工夫が施されています。

 私もプログラミングなどについての知識は皆無ですが、少しずつ学んでいるところです。難しい用語が無いので本当にスラスラ読めます。

 皆さんも、毎日使っているパソコンのこと、少しだけ学んでみてはいかがですか?この本なら、気楽に始める事ができますよ。

 
 詳しくは…

 <有限会社イナズマ>
 http://www.inazuma.jp

 <工学社 やさしいC++>
 http://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/4-7775-1209-6

 …などもご覧ください。


 …今回も「ドラゴン」が登場します。ドラゴンと一緒に「C++言語」学ぶことが出来ます!

 この本を最後まで学んでいくと…うれしい特典付き!…と先述しましたが、これもドラゴンに関わりあり(?)です。ドラゴン好きの方には絶対良いですね!…少しでも気になったら購入しましょう、そしてドラゴンと共に学んでみましょう!


 順番が前後してしまいましたが、詳しい目次がありましたので(Amazon.co.jp内)紹介しておきます。

 目次:

 第1章  プログラムの物語
  「プログラム」ってなあに?
  救世主の名は「コンパイラ」
  「プログラミング」言語って?
  じゃあ「プログラミング」って?
  うまく動かない!・・・のが当たり前
  ・・・
 第2章  はじめの1歩
  「コンパイラ」を出す方法
  「ソース」を作る方法
  コンソール・アプリケーション
  準備完了
  1歩目は「文字の表示」から
  ・・・
 第3章  最初の山場
  「#include」の謎
  「命令語( )」は、「関数」の「呼び出し」!
  「関数」の作成術  「引数」のある「関数」
  成功!「引数」は複数個使えます
  ・・・
 第4章  避けられない道
  変数の値はどこに格納される?
  「あえて」アドレスを知る理由
  「ポインタ変数」へ代入すると!?
  有無を言わさず、「値」を書き直せます
  参照(のぞき)も自由自在
  ・・・
 第5章  なければ作る!
  「構造体」を定義する方法
  「作った型」(構造体)の宣言
  「構造体」への代入方法  
 成功!「複数定義」&「宣言」もOK
  「構造体」を「配列変数」にする方法
  ・・・
 第6章  必須!プロジェクトの概念
  「1ソフト、1ソース」時代の終焉
  「文字列関数」で「代入」を効率化
  社長指令!「リソース」の活用
  「ソース・ファイル」を追加せよ
  「拡張子」は「.C」
  ・・・
 第7章  ウインドウス!(実践編)
  ウインドウズ・アプリケーション
  スタートは「ソース」の変更と追加
  「定数」や「構造体」の嵐に負けるな!
  出ました!「特定の条件」まで「ループ」
  「ウインドウズ」必須の考え方(1)
  ・・・
 付録 
  「Microsoft VisualStudio.NET」の場合
  作ったソフトを配布するには?
 
ご紹介ありがとうございます!2冊ともドラゴン好きが企画・作成するとこうなっちゃうという見本です。出版社さまの英断に感謝!
(相方が人じゃないドラゴンだなんて、普通はボツられると思います)
気になりました方はどうぞビンボーライターをお救いくださいませ。「買ったよ」とメールくださればスペシャル特典プレゼント!?
#174年生まれじゃないですよーバケモノじゃないですかー。
1974です。といいつつ感謝多謝!
2006.04.22 Sat 00:58 URL [ Edit ]
ラスク
申し訳ございません!!…と言う事で至急訂正させていただきました。
正直、今まで紹介してきた中でどれだけ記述ミスしているかは想像できません…
给您添麻烦实在对不起…
ご迷惑おかけしまして誠に申し訳ありません…の中国語です。
2006.04.22 Sat 01:12 URL [ Edit ]
米村貴裕
そんな、ご丁寧に!
そのままの方がインパクトあったかもしれませんね。中国語。一瞬文字化けかと思いました。サーパッリわかりませーん。ががん。
2006.04.22 Sat 01:50 URL [ Edit ]
ラスク
了解しました。
事情を考えずに掲載してしまったこと、どうかお許しください。
すぐに削除しますね。
2006.06.29 Thu 10:17 URL [ Edit ]
ラスク
お許し頂き、本当に有難うございます。
これからはこのようなことが起こらない様に十分注意いたします。
誠に申し訳ありませんでした。
2006.06.30 Fri 21:17 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/38-6b42b52c
Template by まるぼろらいと