龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
2006.06.08 Thu
 
            vibadragonhayakawa


 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「ビバ!ドラゴン」ファンタジイ傑作集②

 「THE DRAGON AT HIDE-AND SEEK AND OTHER STORIES by G・K・Chesterton and Others 1928」

 作者:G・K・チェスタートン他
 訳者:佐藤高子
   :渡辺南都子

 出版:早川書房 ハヤカワ文庫FT 28
 ISBN:4-15-020028-9

 価格:620円+税
 初版:1981年1月31日 第三刷:2005年9月15日

 「法に背を向ける無頼の貴族ラヴロック卿。どこにでも変幻自在に出没する術をあやつれるが、世間を騒がす悪竜退治へと乗り出した… …ミステリ作家としても名高いG・K・チェスタートンがユーモラスに描く『竜とカクレンボ』ほか、キャロル的ナンセンス溢れるL・F・ボームの『王さまの首の不思議な冒険』など、空想動物界の個性派であるドラゴンをテーマに五人の著名作家の競演が実現! 傑作ファンタジイ・アンソロジー」

 目次:

 ・王さまの首の不思議な冒険 -L・フランク・ボーム
 ・ムラサキ・ドラゴン退治  -L・フランク・ボーム
 ・最後のドラゴン      -E・ネズビット
 ・竜とカクレンボ      -G・K・チェスタートン
 ・ドラゴンの執念      -ロバート・ブロック
 ・コンラッドと竜      -L・P・ハートリイ
 ・解説


 この本は「早川書房創立60周年記念 リバイバル・フェア」の時に再版されたものです。

 6つのドラゴンが出てくる物語が書かれています。

 1つめの「王さまの首の不思議な冒険」は、「ファニーランド(おもしろ国)」の王さま、女王さま、木樵り、ムラサキ・ドラゴンが繰り広げるおもしろ物語です。絵本を読んでいるような感覚になります。王さまはドラゴンに首を喰いちぎられてしまう(!!)のですが、王さまは家来たちに「実をいとな、首がないのもいいもんだよ。これからは髪を梳かすことも、歯をみがくことも、耳を洗うこともせんでいいんだから。」なって言ってます。なんと愉快な国でしょうね。こんな感じで、読んでいるとびっくりするかもしれない事が幾度と無く起こりますが、面白くお話は進んでいきます。

 2つめの「ムラサキ・ドラゴン退治」は、ドラゴンを退治するまでのお話で、8ページしか物語はありません。この物語では、王さま、家来たちが、あのてこのてでドラゴン退治に励みます。ドラゴンはどうなるのか…これは皆さん自身で読んでみてくださいね。

 この2つの物語の作者は、『オズの魔法使い』で有名な“ライマン・フランク・ボーム”です。この本に使われた訳出は『The New Wonderland』(1900)に収録されていたもので、ボームの6番目の作品だそうです。ただ、創作時期はこれが一番初めで、実質上の処女作だそうです。

 3つめの「最後のドラゴン」は、これまたかわったお話。物語の設定は、一般的な西洋ドラゴンスタイル(ドラゴンがお姫様をさらう→王子様が助けに来る→めでたく結婚)になるはずが、お姫様がアクションを起こします。お姫様は頼りない王子様に助けられるより、自分がドラゴンと対決すればよい…と考えたのです。そしてお姫様がドラゴンにさらわれる当日(さらわれる日時は決まっているようです)、お姫様はドラゴンと対決しようとしましたが、そのドラゴンもまた現代的なドラゴンで、全然戦おうとしないのです。これではお姫様と王子様は結婚できないし…このあとの展開もまた面白い発想で、これもどちらかと言うと絵本のような、児童文学のような作品です。

 作者の“イーディス・ネズビット”は、生計を立てるためにあらゆるジャンルの文学をてがけていたそうです。ネズビットは20世紀ファンタジーの先駆者と呼ばれ、現代の世界と魔法の世界の融合「エブリイデイ・マジック」を確立させたそうです。テキストは『Five of us-and Madeline』(1925)

 4つ目の「竜とカクレンボ」は、不思議な貴族・ラヴロック卿、ちょっとかわったお姫様、そして暴れまわるドラゴンが登場します。暴れまわるドラゴンから逃げ続け、遂に逃げ場を失った人々の前に、神出鬼没のラヴロック卿があらわれ、「おれは安全な場所を知っている」といいながら、ドラゴンに向かって飛び込みます…。

 作者“ギルバート・キース・チェスタートン”は推理小説の古典<ブラウン神父>シリーズで有名。ほかにも多分野で異色を放つ。チェスタートンの作品には「奇想小説」と呼ばれる一群がある。テキストは『Number Two Joy Street』(1928)

 5つ目の「ドラゴンの執念」は、主人公バッチがひょんなことから魔術師マーリンの子分とであい、ドラゴンの卵を孵すことに。ドラゴンはすくすくと成長していきます。最初は人目につかないようにできましたが、もうそろそろ限界。そんな時、一番見られたくない奴に見つかってしまい…。

 作者“ロバート・ブロック”は、日本ではヒッチコック監督作品『サイコ』で有名。アメリカでは怪奇小説で有名な作家。他の作品は残酷趣味でアクの強い作品が多いが、今回は明るく陽気な作風として貴重な作品。テキストは『ウィアード・テールズ誌』1943年1月号。

 最後のお話は「コンラッドと竜」。国の姫と結婚しようとするもののみを襲う竜が出現し、それを哀れに思い、また、自分なら竜を倒せるというものが、姫との結婚を引き換えに国中から沢山志願する。皆、姫の美しさをたたえた手紙を送り、竜と戦ったが、誰一人として勝てるものは居なかった。そんななか、主人公コンラッドだけは姫に興味が無く、それどころか姫のために命を落とした兄弟を思い、姫に憎しみさえ覚えていた。そして、ある事からコンラッドは竜退治に駆り出され…。

 作者“レスリー・ポールズ・ハートリイ”は児童心理小説で賞をとるなどして有名。日本では、映画『恋』(『恋を覗く少年』)の作者として知られる。また、異常心理を扱った奇怪小説も出版されている。テキストは『Collected Short Stories』(1968)

 海外ドラゴン小説短編集です。どれも短いお話なのですぐに読めます。

 最近の海外文学に比べると、かなり平凡な内容に思われるかもしれませんが、当時としては殻を破った作品ばかりです。

 どれも、ちょっとユーモラスなお話(6話目はちょっと違うかもしれません)なので、楽しんで読めます。

 少しばかり入手しづらい作品ですが、いつもと違うドラゴン小説を読みたい方はどうぞ!



 …更新かなり遅くなってしまいました。それでも見に来てくださった皆さん、本当に有難うございます。

 現在小テストの嵐が続いていて、しかも私の周りに停滞中。どうも通り過ぎてくれません。あと1週間ほどはテストだらけです。

 最近は天気がよろしくないようで…雨上がりに虹が出ると綺麗ですよね☆雨上がりの龍が見られると良いですね。
はる
テスト頑張ってくださぃ(*≧▽≦)b
私も今、テストやレポートに追われてます(泣
2006.06.08 Thu 21:29 URL [ Edit ]
ラスク
お互い頑張りましょう!(涙)
なんで忙しいのはいっぺんに集中するのでしょうか…困ります!
はるさんも、頑張ってくださいね☆
2006.06.08 Thu 23:46 URL [ Edit ]
「ビバ!ドラゴン」は初耳になりますが
初版が出版された年数が物凄いですね
自分が生まれる七年前です、はい(何)
色々な作品が収録されているようですね
早速明日から、書店で探してみます
ご説明文から察すると、結構かわった内容になっていそうですね
是非手にとって読んでみたいです
しかし、リアルで入手できなかったときの
逃げ道であるア●ゾンでの取り扱いが無いようなので、探しに行く前から不安げな雰囲気がしてきます(汗)
しかし、明るい気持ちで「ビバ!ドラゴン」探しに挑みたいところです

では、こちらも個人的に良作優作な小説を。
富士見ファンタジア文庫・榊一郎さんの「ドラゴンズ・ウィル」なのですが
自分も最近知って最近読んだばかりなのですが、最初はギャグ混じりなのに対して
後半になるとしっかり戦いものとなり
最後にはしっかりと感動を残してくれる作品でした
と言うごく普通な感想になりましたが
凄く優作良作だと思いました

では、明日 「ビバ!ドラゴン」
探してまいります!!(またまた興奮気味)
と言う自分もテスト期間中にありますが
ドラゴンさん優先ですね、はい(笑)
2006.06.09 Fri 00:01 URL [ Edit ]
ラスク
クリスタルさん、初版の7年後生まれですか?…と言う事は、198○年ですよね?そうなると、同じ歳ですか?(笑)

実は、一時期だけ「ビバ!ドラゴン」はア○ゾンで取り扱っていたんです。どうやら、リバイバルフェアの残りが廻されたようで、フェアが終わった後に一時期だけ。そして、その一時期に買ったのが私なんです。
フェアは、紀伊国屋でしかやっていなかったのですが、行って見ると…「無い!!」
この作品は誰かに買われてしまって見つからなかったのです。
そしたらある日、いつもどおりにアマゾンをぶらついてたら「…売ってる!?」ことに気づいて即購入しました。
発売当時は「オンラインでの販売は無い」となっていたので、びっくりしました。
初版の方は見つけづらいかもしれませんが、このフェアで再販されたものは比較的状態もよく見つかるかもしれません。

続いてですが「ドラゴンズ・ウィル」…なんと偶然でしょう!3日前に読み終わりました!(テストあるのに何をやっているのか…)
通学の電車が片道約40分弱なので、その間に本を読んでいるんです。
スピノザのキャラクターに惹かれました。いつもの事なのですが、ちょっと風変わりなドラゴンにとても惹かれます(笑)
最初、「ラベンダードラゴン」の現代版か?と思ったのですが、中身は全然違いました。
スピノザの人間臭さがなんとも言えず、感動へ導いてくれました。

クリスタルさんもテスト頑張ってください☆
実際、この通学時間をテスト勉強に使えばかなり効率が良いはずなのですが…私もドラゴン優先です。
朝から晩までドラゴン尽くしです☆
「ビバ!ドラゴン」見つかるとよいですね!
2006.06.09 Fri 01:10 URL [ Edit ]
米村
おっさんです。ビバ・ドラゴン。ふつーに買いました。当時は書店に並んでおりました。はい。
昔は色々なドラゴン本あったんですがねぇ。ドラゴンズ・ウィルもモチロンGET。続編出るかと思ったら作者さんはまるっきり違う方面にいってしまったし。
「ドラゴンライダー(上)(下)」も結構いいですよ。新しい本なので売っているかと。電撃だったか。早川書房の「パーンの竜騎士」の「白い竜」はお勧めです。SFファンタジーでTVシリーズ化の話があったのですが、頓挫したみたいです。うーん。ドラゴン物は難しいのかなぁ。
と、やはり朝から晩までドラゴン尽くしでございます。はい。
2006.06.11 Sun 20:34 URL [ Edit ]
なんという奇遇なんでしょう
改めて、ラクスさんのプロフィールを確認してみましたが、誕生した西暦は同じでしたが、月が自分の方が六ヶ月遅いので自分の方が一歳下になりますが、今年中に年齢が並びますね(笑)
更に、奇遇はまだまだ続いているようです
なんと、自分、あの時計台や味噌ラーメンが有名な町が居住地点なんですよね(笑々)
奇遇はまだまだ終わらず「ドラゴンズ・ウィル」も似たような時期での読書で
世界七不思議を改めて実感したような気がします(笑)
スピノザの様な人間み帯びた風変わりなドラゴンに、強烈な魅力を感じ、その状態で
ラストには、凄まじい勇士を見せてくれ、
とっても感動を超えた感動を身をもって実感しました
正直、ここだけの話ですが感動のあまり涙目になりました(笑)
感動物には弱いタチでして(笑)

本題に戻りまして「ビバ!・ドラゴン」
やはり、どこの書店でも取り扱っていない様で
「ラベンダードラゴン」も同じですが
いまだに入手に至っておりません・・(泣)

しかし、今日 志望校のオープンキャンパスの帰り道に電器屋によったのですが
思いもしない収穫がありました
<B>ドラゴン</B>のシルエットが印刷された
PCの冷却ファンを発見しました
居住地点が同じようなので
その店の名前を、ネット上で言える限度を超さない程度に述べたいと思います
札●駅付近のベ●ト●器にありました
機会がありましたら是非ご覧くださいです♪

追記になりますが、場所をなるべくネット上で公開できる情報の限度を超さない様に
申し上げましたつもりですが
問題がある様でしたらご指摘お願いします
即座に記事を修正します。
2006.06.11 Sun 21:30 URL [ Edit ]
ラスク
おぉ、リアルタイム世代ですか!
そうですね、古きよき時代ですね…
最近は、ファンタジーが流行っているのかどうか…人気があるようで、ドラゴンは疎外されている!?
ドラゴン人気、急上昇するような事はないでしょうかね?
パーンの竜騎士、途中から読んでも大丈夫ですかね?シリーズものだったので、まだ手にしていないんです(汗)
>朝から晩までドラゴン尽くし
良い事です!尊敬します!…夢の中にも出てこないかな…
2006.06.14 Wed 23:08 URL [ Edit ]
ラスク
おや!これは偶然?それとも必然?
ドラゴン大好きさんが、身近に居ると分かっただけで幸せです☆
私、T区の住人です(いきなり素性トーク・笑)
本当、奇遇ですね!

スピノザ良いですよね。まさに、現代版のドラゴンの特徴をモロに出していましたが、それがたまらない(笑)
現代版のドラゴンはとっつきやすいので好きです☆

そうですね…ハヤカワの本ってどこ行っても同じようなものばかり置いてあるので、見つけるまでに時間がかかるかもしれません。
ラベンダードラゴンの方は、我が町には無い確率が高いです…私が買おうとしたときは、恐ろしいほどの古本を置いてある店(普通に戦前の書物を売ってました。てか昭和じゃない本が多くてびっくり!苦笑。現代の本もちゃんと売ってましたよ)の主人に尋ね、主人の古本仲間全て当たっても見つからなかったようです。
めずらしい、というか、人気が無かった(?)ようです。
ネットで購入する方法以外に探すのは大変です。頑張って探してみてください!

もうオープンキャンパスの時期ですか。
しっかりと志望校を見極めてくださいね!
志望校、私は決めるまでにかなり時間がかかりました。
私のように、ぎりぎりまで悩んだあげく、一度は一般受験と決め、一週間後に推薦入試に駆け込んで…なんて無謀な進路選択にならないように(苦笑)しかも、担任には全く志望校を伝えていない…なんていう予想外の展開を見せると、先生方が怒りますので…(汗)
比較文化にしようか、日本文化にしようか、アジア文化にしようか…と悩み、学校にもその意思を伝え、推薦駆け込みの際に「中国語学科」だなんていったらそりゃもう…先生御免なさい…
上記の学科、どれをとっても龍が学べる!?

札駅付近のベ○ト電気にあるんですか!今度探してみよ~☆
定期があるから行きたい放題(笑)
定期でいけるけど、買い物するお金が無いので寄り道しないんです。でも、ドラゴン見るために行ってきます♪

この程度の情報なら全く問題なしですよ☆
私の書き込みの方が十二分に問題あり(笑)
気にせずどうぞ!

…進学は、専門ですか?大学ですか?…どちらも大変でしょうが、一杯悩んで進路を決めてください。
正直、私は高校の方針に反発したかった…と言うところもあります。国公立に行け、もし私立なら上位の北○、北○に行け…と3年間言われ続け「やりたい学科が無いんだったら意味無いじゃん」とずっと思っていました(苦笑)
一時期は専門も考えましたが、諸事情で断念。
結局、考えもしなかった学校へ進学しました。
…ある集団説明会で、聞きたい学校が列を作っていて、横に空いているブースがあったのでそちらの説明を聞くことにしました。特に行く気はなかったのですが、ちょっと興味があったので。
…結局、それがきっかけでその学校に進んでしまいました。
人生、どこで転機が来るか分かりません。目標があるならしっかりと見つめ、まだ定まっていないのなら、ぎりぎりまで広い視野を持つ事をお勧めします☆
2006.06.14 Wed 23:38 URL [ Edit ]
根拠はありませんが、おそらくこれは必然ですね(笑)
こちらも、ドラゴンを心から理解される方が、ここまで身近にいる事を知って非常に嬉しいです
ぁ、自分は清●区です はい
しかし、ここまで奇遇な事が起こると
ほんと人生、生きている以上、何が起こるかわかったものではありませんね(笑)

スピノザの様な現代チックなドラゴンは、ほんと自分も好きです
スピノザとの関連が最も強いと思われるライプニッツ家へ雑用でも良いので一員となりたいです(笑)

「ビバ!ドラゴン」&「ラベンダードラゴン」
リアルではまず入手ほぼ不能だという事を
わが身をもって証明しました(笑)
7件ほど中古本ショップを回りましたが
どこにも置いてなくてビックリしました

志望校は、もう既に2校程決まっていたりします
1校は大学でもう1校は専門になります
しかし、誰に相談しても大学が良いという事ですし
よくよく考えて大学の方が良いので
恐らくは大学への進学となる事と思います
志望校は、あろうことか消去法で決めました(笑)
大学へ進むなら、龍の学べる学科へ進むのが大学の醍醐味ですね(笑)

はい、札●駅の近くです
もっと具体的な場所を挙げますと、ベ●ト電器の2階のPCパーツコーナーでして
壁の棚にファンがびっしり並んだ部分にソレがあります
自分が見たときは2個しかなかったので
売り切れたらそれっきりの可能性MAXです
追記ですが価格は900~1200円くらいでした


2006.06.15 Thu 00:23 URL [ Edit ]
米村
パーンの竜騎士。途中から読んでも大丈夫です。「白い竜」は3巻のはずです。ただ「本物」の竜とはちょっと設定が違いますのでご注意を。ジュラシックパークに近いような。

私も龍を学べる学校に進めばよかったんですが、頭悪くて学校を選べるレベルではなく敗退。
悔しいのでPC書でドラゴン出してる次第です。1冊目から25冊目まで、必ずどこか(隠れキャラ?)に出してます。「ワード」入門本でも、写真はこう貼り付けます、で「ドラゴン」の写真(CG)だったりと。
夏にはドラゴン比率4割!?のPC本出ます。ジブリの本と間違えて買ってもらえないかなぁ。
2006.06.15 Thu 00:53 URL [ Edit ]
ラスク
清○ですか、じゃあドラゴンに乗って今度遊びに行きます(ぇ!?笑)

私、できればドラゴンの方になりたいです(笑)
超脇役でもいいので、ドラゴンになりたいです…

やはり見つかりませんか。当時の評判が分からないので、どれほど出版されたのか分かりませんが、北海道では人気なし…だったようですね(涙)

そうですね、大学だと、専門以外も色々と学べていいかもしれませんね。
それに、ゆっくりできる(笑)まだ私も2ヶ月ほどしか大学生やっていませんが、専門に行った友人よりはるかに楽しています☆
一時期、音楽系の専門に進みたいと思っていたんです。修理のほうです。ただ、敏感肌に加え、絶対音感が無いので諦めました。というか、無理でした(汗)自分で努力すればどうにかなる…と言う問題でなかったもので(涙)
そんなこんなで、龍追っかけてます(笑)
そうそう、この前、発音の教科書で「烏龍茶(乌龙茶
)」が出てきたんです。「龙」の所でけやたら元気に発音しました(笑)ただのバカですね~(汗)
こんな小さなところでも、龍の追っかけファンをしています☆何やってんだか大学生…
こんな大学生にならないように、気をつけてくださいね!

1200円ほどなら、手が出る!
見つけたら使わないのに買ってしまいそうです…
そういえば今、Loftで扇子のフェアやっているんです。見ていたら、ありました「龍」…すっごく欲しかったです。でも、その時の所持金が少なかったので諦めました。もし、その場で財布にお金が入っていたら、間違いなく購入していました(汗)そんなこんなで、街の中に行ったら、お金が大変な事になりそうで怖いです(苦笑)
2006.06.15 Thu 22:38 URL [ Edit ]
ラスク
「白い竜」ですね☆近くの本屋で見た覚えがあるので、今度読んでみます!
ジュラシックパークですか…でも、ドラゴンばっかりのジュラシックパークだったら大歓迎です!(ちょっと違うような…汗)

米村さん、もし米村さんが頭悪いなんていったら、私は表現しようがなくなってしまいます!!
…私、根本的な大学の選び方間違ってた気が(苦笑)

…そんなところにまでドラゴンが!!さすがですね!
この夏は「ジブリと一緒にドラゴン買って!!」の勢いで売れてくれるといいですね!
新しい本、楽しみにしています☆
2006.06.15 Thu 22:46 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/52-87f50276
Template by まるぼろらいと