龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.09 Sun
 
            bravestorypanfomote


 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 劇場版「ブレイブ・ストーリー」予告編パンフレット


 パンフレット裏↓

            bravestorypanfura



 …もう公開されました「ブレイブ・ストーリー」の<予告版>のパンフレットです。

 紹介しようと思っていたら、いつの間にやら公開日が来てしまいました(汗)

 もう見に行った方もいるのでしょうか。

 私は、行きたいのですが時間がありません。

 出来れば見に行きたいですね。


 …で、ドラゴンが少なからず出ているようなのでご紹介する事にしました。

 原作を読んでいないので内容は全く知らないのですが…。

 宮部みゆきの作品が好きな方も、アニメ映画が好きな方も、ドラゴン愛好家の方も(笑)。時間とお金に余裕のある方は見に行きましょう!

 7/28(だったかな)に「ゲド戦記」も公開なので、お金の計画は慎重にどうぞ…。
ひえん
ブレイブストーリーは是非見たいです!!!
ファンタジック要素タップリで、すっごく気になります。
映画館は・・・あんまり行かない人なので(オイ
レンタル出たら借りたいです。てか絶対借ります!!!!(行けよ!!汗
2006.07.09 Sun 23:52 URL [ Edit ]
りゅう
こんにちわ、ラスクさん♪
ブレイブストーリー土曜からだったんですよね~。
私も早く見に行きたいです!ゲド戦記とセットで見る予定(ぇ)

ちょっとだけ原作のネタバレをすると、ワタル(主人公)がレッド・ドラゴンのジョソを助けたり、背に乗って飛んだり、一緒になって戦うようなシーンとかがいっぱい出てきていましたよ~v
ほかにも仲間のレッド・ドラゴンがたくさん出てきていましたvvv後半部が特に!!!
なので私の本はドラゴンの出てくるシーンだけページにすっごい読み癖が付いています(笑)

・・・でも映画にするにあたってかなり変更したところが多いみたいなので、原作通りにドラゴンがたくさん出てきてくれるのかが不安です・・・(--;)
ジョソもちっちゃくなっちゃってるし~(泣)
・・・それはそれで大変可愛らしいんですがw

あ、ラスクさま、原作の方のネタバレをしているので、不適切であればすぐに消してしまってください!
これから読む予定だった方、見る予定だった方、気分を害したら大変申し訳ありませんでしたorz
2006.07.10 Mon 00:05 URL [ Edit ]
和雅
原作、大学の友達に借りたからテスト終わったらみよーと思ってるょ♪でも予想外に厚かったからビックリ(^^;
映画と原作、どっちを先に見るか迷ってゎいるんだけどね。。。
なんせ一緒に行ってくれる人がいない…(泣)
2006.07.10 Mon 00:11 URL [ Edit ]
いお
昨日観て参りました♪

原作も読んでいる私から見ると、「原作ファンの人にはどうかしら~?」という心配もあります。(特にジョゾの扱いに関して言えば、原作ジョゾファンの人は怒ってしまうかも??)

単なるアニメの1作品としては、夏休みにこんな映画があるのはいいことでは、と思います。
子供がひと夏の思い出の中に、心に刻む映画としては、良質なものではないかと思いました。
できるだけ原作の中から毒々しい部分を抜いたという点でも、凶悪犯罪が横行している現在の社会情勢という点から見ても、迷いながら今を生きる子供たちに勇気を与えてくれる・・まさに「ブレイブ・ストーリー」(=勇気の物語)という感じです。^^

うちのサエ(8歳)は感動のあまり涙を拭いながら劇場を後にしました。(注・サエは特に涙もろい子なので・・誰でも泣けるかどうか、わかりませんが。)
原作を読んだ私から見ても、アニメのラストは非常にきれいで、それだけで作品の全てのマイナス点をカバーできてしまうと思いました。
終わりよければすべてよし。(笑)

ストーリーはあくまで宮部みゆきの原作にアイデアを借りたもの、と割り切るべきでしょう。
とにかくあの原作は・・大作家さんの作品を前に、素人がナマイキなことを言うようですが「無駄に長すぎ」だと思うので^^;まあ、この程度にコンパクトにまとめるので丁度良いわ、と思いました。

あくまで私自身の個人的感想ですが・・どうしてもいただけなかったのは、ミーナ&お姫様の丸顔!(汗)
あれでいいんですか?まるでコンパスで丸を描いてその中に目と鼻と口を描いたみたいで、「ありえない!」と思っちゃいました。^^;
女の子キャラの顔は、重要ですよ~。
美形男の子キャラ、ミツルとのギャップがありすぎてクラクラしてしまいました。

観終わった感じでは、とてもさわやかな映画です。
私が観た劇場にはなぜか男の子同士のペアが目立ちました。女の子ペアの3倍くらい、いましたよ。
というわけで、男の子同士でも楽しく見に行ける映画だと思います。
ラスクさんも、余裕がありましたら、どうぞー。
(ビデオが出てからも充分って感じもありますけどね。念のため、それだけは申し添えておきます。)
2006.07.10 Mon 10:13 URL [ Edit ]
ラスク
書き込みありがとうございます☆
私も映画館行かない人なんです(苦笑)
なにより、高い!!
もう少し安かったら見に行くのに…といった感じです。
でも、今年は見に行こうかな~♪
早くレンタルでるといいですね☆
…ひえんさんも今年は映画館でどうですか??
2006.07.10 Mon 13:03 URL [ Edit ]
ラスク
私も、このペースでいくとゲド戦記とブレイブ・ストーリーを立て続けに見る事になるかもしれません(笑)
>ドラゴンの出てくるシーンだけページにすっごい読み癖が付いています(笑)
…この癖良く分かります(笑)私も同じような現象が起こってる本が…
原作長いですよね(本屋で見てビックリ!)映画にするとどうしても削らないといけなくなるのですが…ドラゴンのところはノーカットで(笑)行って欲しいところでしたね。
ネタバレ気にしないのでどうぞ☆
正直、私のこのサイト自体、ネタバレの塊ですから(汗)
2006.07.10 Mon 13:10 URL [ Edit ]
ラスク
一人で映画館って寂しいよね(涙)
…といいつつ、何度か経験あり(ぇっ!?)
どっちを先に見ようか悩むよね。
俺は映画が先になりそう。
とりあえず、ブレイブ&ゲドを映画館で見てから後の事は考えようかなと(笑)
2006.07.10 Mon 13:14 URL [ Edit ]
ラスク
アニメはアニメなりの楽しさがありますよね。
そういう面で、良い作品と受け止めます!
やはり、原作が長いとどうしても省略しないといけないところが多くなりますよね。

しかし、いおさんは行動派ですね!!もう見に行ったとは!!
娘さんにも良い映画だったようで♪(感動できるって、素晴らしい事です)
なんとなく感動する映画と、本気で感動する映画がありますが…どちらだったのでしょうね。後者なら素晴らしい映画間違いなしです。
後者の作品はめったにありませんが(苦笑)
(私の場合、後者にあてはまるのは「ペイフォアード」という作品です。テレビで見たのですが、恐ろしいほど泣きました。感動しました…)

映画見に行ったら、「丸顔」に注意して見ます(笑)
そこまで言われると気になってたまりません!!
見に行く人いるかな…この歳になると、アニメを一緒に見に行ってくれる人があまり見つからないのですよ…ジブリ作品などは結構常連さんが多いので見つけやすいのですが。
ともかく、出来れば映画館で見たいと思っています♪
2006.07.10 Mon 13:28 URL [ Edit ]
米村
年齢なんて気にしていたらいけません。
映画「評論家」として行けばOKです。
かくいう私は「幼児向き」のエルマーの冒険を劇場にひとりで観にいきました。
評論家として。
ちっちゃいこワンサカで、うぐ、ぐぐ。評論家として。
始まる前と終わった後が寂しいですが、ドラゴン好きならドラゴン評論家としてGOであります。
まだ、ブレイブもゲドもましですよー。
エルマーは対象年齢幼稚園でしたから。
2006.07.15 Sat 05:47 URL [ Edit ]
ラスク
そうですね!気合です!「評論家」…カッコイイ響きです!
そういわれてしまえば、すぐにでも見に行きたくなってしまいました。
今週中には見に行きたいです。
ドラゴン評論家なら、幼稚園児だって怖くありませんね!!

この前気づいたのですが、学校の図書館に映像資料で「エルマーの冒険」(VHS)がありました!いつもDVDの目次しか見ていなかったので気づきませんでした。今度学校でエルマーを見てきます!
…エルマーはあるのに、ドラゴンハートはありませんでした。私の学校の図書館、ちょっと変わっています。
2006.07.16 Sun 22:22 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/63-44fe6ccc
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。