龍-物語龍-絵本龍-イラスト龍-事典・研究龍-映画龍-音楽龍-漫画龍-ゲーム龍-アニメ龍-その他管理人から…未分類
龍・ドラゴンに関する書籍等を紹介しています。ジャンルは物語、絵本、イラスト集、事典など。 ブログタイトルをクリックするとトップページに飛びます。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.17 Sun
 
            icefirebylacey


 画像をクリックすると写真が拡大されます。
 
 「龍のすむ家Ⅱ 氷の伝説」

 作者:クリス・ダレーシー
 訳者:三辺律子
 絵:浅沼テイジ

 出版:竹書房
 ISBN:4-8124-1842-9

 価格:1400円+税
 第1刷:2004年11月2日

 「デービットとガズークスが帰ってきた! 大人気、『小さな龍』のシリーズ第2弾!!」

 「月夜の晩、ブロンズの卵から龍の子が生まれる……。」

 「“かつて氷の世界は、9頭のシロクマに治められていた―” 世界最後の龍《ガウェイン》の涙を守る伝説の守り手たち。北極を舞台に、デービットとガズークスの新たな物語が始まる……。」


 以前紹介した『龍のすむ家』の続編、2巻になります。

 まずは内容から(本書より)

 「コンカーをトチの木の下に埋めてから数週間―。小さな龍たちが暮らすペニーケルト家には平穏が戻ったかに思えた。ところが、ルーシーが願いの龍《ガレス》を作ったことからとんでもないことが起こり始める。願いの龍は、作り手と名付け親がひとつずつ願いを叶えてもらえる特別な龍だ。ルーシーは龍たちの大好きな雪を降らせて欲しいと願う。晴れていたはずの空からひらひらと小雪が舞う中、ガレスと命名した張本人のデービットは、不思議な思いで大学に向かう。最近やってきた極地研究の専門家・バーグストローム教授はなぜかガズークスのことを知っていて、とんでもない課題を出してきた。『龍は存在するか、否か』について、論文を書けと言うのだ! 平和な日常の中、陶器の龍たちが生きていたのか、またもや信じがたい気分になっていたデービットは、ついにガレスにこう願う―

 龍伝説の真実を知りたい、と。

 その瞬間、運命の歯車はガタンと回り始めた。リズのおばさん・グウィネスが、霊薬をつかさどる龍《グレーテル》を連れて、家にやってくる。なぜか慌てるリズに、グウィネスはリズに子供ができると宣言。デービットは龍の涙を守り続けるシロクマの物語を夢に見始める。謎の教授バーグストローム、デービットに恋する同級生ザナ、新たな龍4匹が加わり、ますます物語は白熱。イギリス生まれの優しく心に残るファンタジー!!」


 前作と比べて、かなりスケールが拡がったように思えます。

 前作は静かなファンタジーという印象が(個人的に)あったのですが、今回の作品は本場のファンタジーを思わせる展開が沢山。

 また、龍についても前作よりもかなり登場率が高いです。それに龍の種類も増えます。

 ファンタジーの中でも、この『龍のすむ家』の龍たちは"陶器"でできているのが特徴的。

 ファンタジーでありながら、どこか現実味を帯びた、親しみやすいローファンタジーです。

 登場する龍たちは、みな陶器なので、小さくて可愛い龍達ばかり。そして、どの龍にも特別な能力があり、とても個性的。

 前作ではあまり龍たちが一生懸命に登場する機会が少なかったですが、今回は皆主役を取り合っています。どの龍たちもその個性を光らせているのがよく感じられます。

 そして、近代の児童文学にみられる"国際的課題の提示"もしっかりと行われています。

 …と、色々な面から見て前作と違った雰囲気の作品になっているようです。

 巨大な力強いドラゴンもいいですが、手のひらサイズの小さな龍たちの物語もいかがですか?

 読んでいてとてもわくわくする作品でした。

 皆さんも是非ご一読を。


 なお、続編『FireStae』(原題)がイギリスではもう発売されて…いるはずなのです。力量不足で調べられませんでした。(管理人は英語が読めません)(←このサイトで何十回目の発言だろうか…)どなたか知っている方がおりましたら、情報くださると嬉しいです。
アスカ
やっぱりこれ面白そうだなー!
今度本屋さんに行ったら探してやる!(笑)。見付からなかったらどうしよ‥。

続編は'05の9月に発売してるみたいです。
たぶんもうちょっとで、こっちでも出るかな??と思うんですが、詳しくは判りません~^^;
それと主人公のデービット・レインは、作者がモデルだそうですよ!(笑)。

ちょっと接続が変だ!「それと」の意味が判らない!おっと、乱文(笑)。
それでは、失礼しました~。買うよ、買うよ!(断言した!)。
2006.09.17 Sun 21:55 URL [ Edit ]
ラスク
見つかるはず!!…きっとね(汗)
今研修に行ってる書店にはありましたよ~☆
ぜひぜひ探してみてください♪

探したら3巻ありました~(汗)
早く日本語版が出てくれるといいですね。

断言しちゃいましたね!買ってくださいよ!(押し売り!?)
2006.09.20 Wed 23:21 URL [ Edit ]
アスカ
ず、ずるい!どこの書店ですか!!( つД`)
んも~、最近なんだか無性に本が読みたいのにー!(笑)。

お、ありましたか!よかった、よかった^^
ですよね!まだ読んでないのに楽しみです!(笑)。

買いますよー!ま、任せて下さい!!
2006.09.21 Thu 01:46 URL [ Edit ]
ラスク
どこの書店ですかね~(笑)
大型ショッピングセンターの"イ○ン(ジャ○コ)"さんのお店によく入っている書店に売っていますよ~!
(↑もう店名ばらしたようなものですね・汗)
児童書コーナーにありましたよ♪

きっとハマりますよ~☆
2006.09.21 Thu 13:42 URL [ Edit ]
アスカ
あの系列のとこに入ってる書店ですね!
大きな書店ならあるっぽいのかな‥?
どっちにしろ頑張る!!
2006.09.21 Thu 15:04 URL [ Edit ]
ラスク
発刊から結構たってるから、問屋に返本したお店が多いのかもしれません…
もし見つからなかったら、本屋で注文すればありますよ~♪
2006.09.23 Sat 00:27 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://lasksnow.blog53.fc2.com/tb.php/85-0415c6af
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。